植物由来のバター代替品ファババター(FabaButter)

Fora社が開発した乳製品を使わない植物由来のバター代替品ファババター(FabaButter)の紹介記事。 本物に劣らない植物由来の「バター」 ひよこ豆のゆで汁から開発   アクアファバ(ひよこ豆を煮た後に出るタンパク質とでんぷんがたっぷり入った水)を乳化剤として使用し、味や口当たりを改善したもの。バターの脂肪たっぷりの味や舌触り、広げやすさを再現し、現在市場で販売されている乳製品不使用 […]

“JUST Egg”: 卵のような性状を示す素材

Just社(旧Hampton Creek社)の最初の製品“JUST Egg”は、water, mung bean protein isolate, canola oil, gums, seasoningsからなる液卵のような状態のもので、加熱・調理してスクランブルエッグのようにすることができる製品。見て、調理して、味わうとしてスタートした卵様の植物タンパク質製品。 JUST Egg – […]

Nestle: R&D Acceleratorを創設

Nestleが、scientists, students、start-upsを一堂に会して、科学・技術を進歩させるためのR&D Acceleratorを創設とのこと。目的は、Nestleのシステムや食品・栄養に関する専門知識を活用して、革新的な製品開発のスピードアップを図るとのこと。 The first research teams have been selected and the n […]

“The Hatchery”(孵化場の意): 非営利のfood business accelerator 

Mondelēzが、シカゴにあるnon-profit food business accelerator “The Hatchery”(孵化場の意)に投資とのこと。 Mondelēz International has made an investment in The Hatchery, a Chicago-based non-profit food business accelerator, […]

Impossible Foods:創業者Prof. Patrick O. Brown (スタンフォード大名誉教授)

日本人記者が、Impossible Foods社を訪問・見学・試食のプレスツアーに参加した際のCEOパトリック・ブラウン(現会長)との単独インタビュー記事。パトリック・ブラウンの生化学者としての業績、起業までの経緯、志などが記載されていて、興味深い内容と感じました。 米国・シリコンバレーでは今、植物を主原料とする人工肉の開発・製造販売を行うスタートアップ「インポッシブルフーズ」が急成長中だ。(中略 […]

「Acrylamide Toolbox 2019」(第15版)

FoodDrinkEurope(FDE)は、様々な食品中でのアクリルアミド生成やその低減に関する知識を集録した「Acrylamide Toolbox」(第15版)を発行してきた。2018年EUのアクリルアミド規制(製品中のアクリルアミド量の調査・削減を義務化した法律)施行に対応して、研究レベルから工業規模の食品加工までの新たな科学的および技術的知見を追記した最新版を発刊とのこと。 Acrylami […]

Burger King: “Impossible Whopper”_ビーフ100%と区別つかず?!

4月初旬に、Burger Kingで、Impossible burgerを試売するというニュースが流れ、その後、色々なメディアで取り上げられるようになり、食べ比べた感想などについての記事も多く見かけます。“Plant-based proteins are no longer just a meat replacement, it’s now its own category,”という記載する記事も […]

原材料も分かる「食品判定AI」

NTTドコモが、「商品棚画像認識エンジン」とディープラーニングの手法を組合せ、スマートフォンで撮影するだけでムスリムやベジタリアンが購入可能な商品かどうかを見分ける食品判定システムを搭載した専用アプリを開発。ムスリム・ベジタリアン向けレストラン検索アプリ「HALAL GOURMET JAPAN」内の一機能として提供されており、原材料データも表示できるとのこと。「第3回 AI・人工知能EXPO」(4 […]

USDAの食品・栄養素データシステム_”FoodData Central”

USDAのAgricultural Research Service(ARS)が、様々な食品と食品製品に関する栄養素プロフィール情報へのオンラインアクセスを提供する食品および栄養素データシステム“FoodData Central”を公開したことを伝えています。。 A new ARS nutrient database will be an essential resource for resear […]

消費者の味覚を分析・理解するAI「Gastrograph AI」

消費者の味覚を分析、理解するAI「Gastrograph AI」を開発するアナリティカル・フレーバー・システムズCEO ジェイソン・コーエン氏へのインタビュー記事。Gastrographは『消費者の味覚を理解する』AIプラットフォームで、食品や飲料の新商品開発で活用。ターゲット層にヒットするフレーバーをAIで予測することで、莫大な予算を要する新商品の開発をより確実性が増すとのこと。 【味覚×AI】 […]

1 6