egg replacement ingredientの需要は?

卵を使わない加工食品の需要が増加しているが、消費者の満足度に見合う品質を備えた商品の開発にはまだ課題ありとの記事。

free-from foods movementは、欧州中で勢いを増し続けている。egg-free mayonnaiseといった商品も以前より入手容易の状態。Zion Market Research社 の市場予測では、egg replacement marketは2025 年までに5.8%成長。欧州は、2018年に世界的な卵代替市場の‘significant share’を占めており、bread and bakeryにおけるegg replacement ingredientsは‘huge demand’があるとのこと。さらに、sauces and mayonnaiseでの需要も大。欧州全域で、動物愛護や持続可能性、健康、アレルギー問題への意識の高まりにより、animal-based proteinsの消費を減らし、plant-based movementに後押しされてegg-free products需要が促進。成人の26%(35歳以下では35%)は、plant-based vegetarian productsが、eggs/dairyを用いたvegetarian productsよりも魅力的であるとの感覚。plant-based foodにはhealth haloがあり、’Vegan’ and ‘plant-based’ claimsはbuzzwordsになっていて、単なる’egg-free’よりもはるかに多くのことを網羅して共鳴して響く言葉(plant-based languageに共鳴大)。動物愛護の観点から、‘free-range’(放し飼い)も魅力的な言葉。egg-freeの需要は強いものの、業界では卵をレシピから除外した際の品質への懸念に対処する必要に迫られているとのこと。”Enjoyment”は、いかなる食品でもKey となるので、 taste and texture of egg-free products are the major barriers。 Camden BRIは、egg-free製品開発に関する研究プロジェクトを開始。plant-based alternativesが求められている所で卵を使用しているbakery products, meat replacements, chilled desserts, confectionery and other productsが対象。卵は非常に用途の広い素材で、製品にさまざまな機能を付与(unique multi-functional ingredient:moisturisation, aeration, emulsification, enriching, colour and shine, and structure forming.)。機能を代替する手段は、[vegan or allergic] categoriesの一方or両方に分類される消費者を対象にした製品を開発になる。natural, allergen-free and functional alternativesに焦点。ブランド力が有効で、差別化に4つの戦略:①offering different packaging and formats; ② backing product launches with marketing spend; ③bringing new products flavours and varieties to market; ④delivering on availability.

■  CamdeBRI:https://www.campdenbri.co.uk/
Science and technology for the food and drink industry
Practical scientific, technical, regulatory and information support – helping businesses succeed.
With industry for industry – 2,500 member companies in 80 countries.

 

Impossible FoodsやBeyond Meatなどが推進しているMeat alternativeが、急激に浸透・定着化してきていると感じる。そのような動きが、肉代替以外にも波及している感がある。牛肉代替から、鶏肉、豚肉代替や魚肉代替へ。パテから、ミンチやハム・ソーセージ形状への拡大など、Plant-base foodは拡がりを増している。同様に、アレルギーやSustainabilityの観点から、egg-free/egg replacementの重要も拡大していると感じる。老舗となるJust社は、egg-free mayonnaiseに加えて、液卵のような機能を示す”Just Egg”が好評のようで、米国スーパーでよく見かける存在になってきているように思う。Just社以外でも、卵代替品の開発が盛んになってくる模様。すでに、多くの会社が発売にこぎつけているのかもしれない。卵は、食品の中で、moisturisation, aeration, emulsification, enriching, colour and shine, and structure formingと記載されているように、様々な機能を発揮している。食感や味を形成するのに欠かせない存在である。それをplant-basedで作るには、色々な技術・素材が必要になってくる。食品加工技術の腕の見せ所かもしれない。

発酵コハク酸

6/24に、「バイオコハク酸」という標題で、下記ブログをアップ。2週間以上経つのに、どういう訳か、このブログだけ読んで頂けない状態が続いています。もしかしたら、「バイオコハク酸」という呼称に抵抗感があるのかと思い、「発酵コハク酸」に変更してみました。どうなるか楽しみです(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSMは、Roquette 社との合弁事業であるバイオコハク酸生産会社:Reverdia 社を解散し、生産工場などすべての権利をRoquette 社に受け渡すとのこと(2012年締結のコハク酸生産契約を解消)。Reverdia 社は、化学成分のコハク酸を初めてバイオ技術を用いて製造することに成功、大規模施設によってバイオコハク酸を商業生産する企業として、「Biosuccinium」を上市し、活動していた。

今後、DSM は独占ライセンス契約を結び、顧客の保護を図る。Reverdia はバイオコハク酸生産技術が持続可能で同市場において競争力があることを証明。Start-up段階を超え、さらに大きな成長を目指すための“Strategic shift”とのこと。カスタマーサービス、注文処理、マーケティング、販売の全事業をRoqutteに統合。現在もほてりや過敏性などの更年期障害に関連する症状を軽減するのに役立つと言われているサプリメント、食品、医薬品などの分野へ提供。最近では、皮膚科学やコスメ分野からの関心も高まっている模様。記事の後半は、DSMのStart-upsへの投資について記載されている。DSMは、skin microbiomeのS-Biomedic社(ベルギー)への投資に興味を示しているとのこと(Lactobacillus rhamnosus GG含有製品、Culturelleを含む)や、スマホアプリMixfit(遺伝子構成、食事、ライフスタイル、健康の目標)を活用したパーソナル栄養のIntelligent Nutrition Assistant (Mina)(ビタミンとミネラルのブレンドのカスタマイズされた混合物を含む飲料を提供するシステム)、アプリ活用と家庭に装備したディスペンサーでビタミン溶液を提供するTespo社、wearable, sensor, lab or health appsからdietary supplement brandsの有効性を測定するBiomarker Labs社など、50社以上への投資。母子栄養市場向けの世界で唯一のプレミックス製造施設建設の計画。BioCare社買収に伴い、microbiome-based事業を統合中とのこと。

■ S-Biomedic.:https://www.sbiomedic.com/
■ Culturelle: https://www.culturelle.com/
■ Gomixfit: https://gomixfit.com/
Mixfit’s connected countertop device, along with the Mixfit App, will change how you approach nutrition by using your personal daily data to deliver a nutrient-rich drink.
■ Tespo:https://gettespo.com/
The smartest way to take your vitamins.
■ Biomarker Labs: https://www.biomarkerlabs.com/
We build personalized nutrition platforms.
White-label solutions for forward-looking supplement brands
■ BioCare:https://www.biocare.co.uk/news/healthy-gut-healthy-you.html
Healthy Gut, Healthy You

 

発酵法で製造されるバイオコハク酸。実際の販売量が不明だが、それなりの規模になっていて、サプリメント、食品、医薬品などの分野へ提供が進んでいるとのこと。バイオコハク酸は、生分解性プラスチックの原料にもなると考えられるので、DSMが手放すのがやや不思議に感じる。記事後半にあるDSMの投資実績をみると、健康・栄養関係、特にパーソナル栄養やGut healthなどの健康事業に注力しようとしていて、選択と集中を行っているように見える。種まきをした多くのStart-upsを、どのように育成し、統合して、新しいビジネスモデルを構築していくのか注目したい。一方、バイオコハク酸事業を受け取るRoquette 社の方は、どのような絵を描いているのか想像がつかない。澱粉製品や植物タンパク質製品を主体にしている企業にみえるので、新たな柱を作ろうとしているのだろうか?こちらも、どのようなポートフォリオの会社にしようとしているのか興味深い。

BCAA(分岐鎖アミノ酸):米国消費者の製品当たりの平均レビュー数No.1

スポーツ栄養学の市場アナリストLumina Intelligenceのデータによると、米国では、BCAA製品が米国消費者の間で製品あたりの平均レビュー数が最も多いことを紹介している記事。

BCAA(branched chain amino acids、分岐鎖アミノ酸)がさまざまな分野でベネフィットをもたらす多くのevidenceが存在するため、トレーニング前後のためのBCAAを含む製品が作り出されている。Online reviewsによって、ブランドとの関わりを持たせることで、新規顧客を引き込み、維持、追跡が可。Lumina Intelligenceは、ブログの中で、BCAAカテゴリーは、スポーツ栄養のなかで、‘fast mover’として特徴付けしており、オンラインで最高の平均評価を獲得。レビューの量ではprotein powderの次で、200ヵ国、300以上のBCAA製品が存在するとのこと。BCAA製品は、トレーニング前やpre-workouts and nitric oxide boosters のようなcore sports nutrition categories で使用。例としては、スウェーデンのBCAA缶入飲料“Nocco”、Optimum Nutritionの“Amino Energy”ラインなどあり、消費者へのvisibilityを高めているとのこと。スポーツ栄養市場が成熟している国々では、製品についてより厳しいレビューを受けるとのこと。中国>台湾>メキシコでは、the most positive reviews。他方、ドイツ>南アフリカ>日本>米国では、the harshest reviewsを受けている。negative reviewsは、期待値大の裏返しで、製品について熟知しているからとのこと。

 

製品ラベルにBCAAと記載されているものも多いので、「BCAA」の認知度は高いと感じる。「BCAA」は、branched chain amino acidsの略語で、分岐鎖アミノ酸のことであることも比較的知られているように思われる。分岐鎖アミノ酸は、分枝のある脂肪族側鎖を有するアミノ酸のことなので、タンパク質を構成するアミノ酸では、ロイシン(Leu)、イソロイシン(Ile)およびバリン(Val)の3種となる。この3種のアミノ酸は、筋肉たんぱく質との関係が深く、激しい運動でダメージを受けた筋肉タンパク質を修復することなどを証明するヒト試験データがあるようだ。そのため、トレーニング前後に摂取するBCAAを含む製品が多く発売されていると思われる。ドイツ、南アフリカ、日本、米国、では、厳しい意見が多いとのことだが、期待の裏返しと批評しているように、効果は期待できるようだ。ワールドカップに出場した日本人サッカー選手の空港での姿を映したTVニュースがあった。本田選手を始め多くのサッカー選手が、カートにBCAAを含む製品の段ボール箱を何箱も積み上げているのが印象に残っている。BCAAは、アスリートには必需品になっているように感じる。それが、一般にも広まっているのではと思われる。

ゲータレード(Gatorade)は、発汗に伴って失われるミネラル成分をバランス良く配合した製品。米国ストークリー・ヴァンキャンプ社(現在はペプシコ傘下)が製造・販売するスポーツ飲料の草分け的存在。現在は、スポーツ飲料も、プロテインやBCAAのように、運動にたんぱく質が重要であるという認識に対応した製品が多くなってきていると感じる。その点を意識してか、Gatoradeブランドを持つPepsiCOも、下記記事のように、protein shake製品の強化に動いているようだ。

 

PepsiCoが、フィットネス分野でpremium protein businessを展開している(既にdistribution partnerである) CytoSport社を買収とのこと。

CytoSport社は、‘the needs of elite athletes, active lifestylists and weekend warriors’に応える製品作りをしている会社で、製品ブランド:Muscle Milk protein shakes, Evolve free from dairy, soy and gluten), Monster Milk and Cytomaxを持っているとのこと。PepsiCoは、スポーツ栄養分野で専門知識と経験を持ち、CytoSportとは既にMuscle Milkブランドのdistribution partnerという関係。PepsiCoは、2018年at-home sparkling water brand のSodaStream、2016年kombuchaの Kevitaを買収。事業拡大を図っている様子とのこと。

■ CytoSport :https://www.cytosport.com/
CytoSport® and its family of brands help athletes of all ages and levels reach their full potential, providing products that help the body recover, rebuild and restore.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Glanbia Nutritional社: 食品・サプリのための加工技術を持つWatson社を買収

Glanbia Nutritional社(Glanbiaの子会社)が、microencapsulation, agglomeration, micronizing, spray drying and edible film technologiesに関する技術強化のため、$89mで、Watson社買収とのこと。

Glanbia Nutritional社:proteins, custom nutrient premixes, cheese, bioactives, plant-based nutrition ingredients, flavors and micronutrientsを販売。2015年:nutrition bar brand “thinkThin”、2017年Dutch sports nutrition brand Body & Fit and superfood supplement brand Amazing Grass、 2018年:体重マネージメントブランド“SlimFast”($340 million)の買収といったGlanbiaの一連の動きの一つとのこと。

 

■ Watoson:https://www.watson-inc.com/
Watson is one of the highest quality suppliers of products and services geared towards enhancing human health and nutrition around the world. We are a leader in developing quality products and ingredient systems for the food and supplement industries

■ Glanbia Nutrition : https://www.glanbianutritionals.com/en
Our scientific expertise, consumer insights and operational know-how helps our customers make products that people love and trust. Whatever challenge you have, from making a better formulation, to improving your logistics, to finding new ways to grow, we can help

 

健康機能素材の中には、苦味や異風味を有するものが多かったり、溶解性が悪いために加工特性に問題があったり、口当たりがすぐれないことが課題となっている場合が多い。従って、microencapsulation, agglomeration, micronizing, spray drying and edible film technologiesといった技術は、健康志向が高まる中で、今後益々必要になる技術と思われる。Glanbia Nutritional社の製品ラインにもよく合致する技術と感じる。

Amyris:発酵カンナビノイド(cannabinoid)を開発

合成生物学的な手法を得意とするAmyris社が、発酵カンナビノイド(cannabinoid)の開発。ライセンス供与および商品化に関して、匿名のパートナー企業とUS$255 millionでterm sheet合意。3月末までに取引完了し、適切な規制当局の承認を前提として、カンナビノイド製品の商品化を18〜24か月以内に予定とのこと。

提携先から、「カンナビノイドを発酵生産するための技術開発」と「スケーリングのためマイルス―トン」への対価支払いを受け、その見返りに製品化ライセンスを付与。global beverage and skin care marketsでのsustainably-sourced CBD productsの大手を目指すとのこと。
発酵cannabinoidの消費者・市場のベネフィットを以下のように挙げている。

  • 制御された発酵に基づく変動のない生産
  • 規制リスクを軽減する発酵純度
  • 大幅なコスト削減
  • 経済的に入手が困難な化合物の収率向上
  • 農薬の未使用
  • 天然サトウキビ原料由来の持続可能な原料

2019年は、食品領域で、Hemp由来製品が注目を集める傾向にあるとのこと。hemp 及び cannabidiol (CBD) derived from hempの合法化とともに、エキサイティングな流れになっているとのこと(a 34 percent average annual growth in the number of new food & beverage launches with hemp ingredients (global, 2013-2017))。

米国・カナダなどの食品領域で、大麻(Hemp、CBD)がブームの様子。食品関係のメディアで、かなりの頻度で報じられていると感じます。お陰で、写真を見れば大麻草であると認識できるようになってきました。マリファナ(大麻)でイメージする機能は、大麻中のテトラヒドロカンナビノール (∆9-THC、いわゆるTHC)によるもの。食品・サプリで流行になっているのは、hemp由来のカンナビジオール(Cannabidiol、略称CBD)のことで、様々な効果の検討がなされているように思います。Hemp(ヘンプ)も大麻と訳されている。ヘンプとマリファナ、どちらも大麻草という同じ種の植物で、最終製品での使用用途に合わせて様々な品種が開発・使い分けられているとのこと。CBDは、体内で作られている「内因性カンナビノイド」を代謝(分解)する酵素の働きを抑えることが知られており、内因性カンナビノイドを維持しやすくなるので、「CBDオイルの摂取→体内のカンナビノイド濃度が高まる→心身の調整機能の向上」という感じで様々な効果発揮するのではと考えられている様子。

日本では「大麻」に対する固定的なイメージがあるので、hemp 及び cannabidiol (CBD) derived from hempが、どういうモノで、どのような機能があり、どのように使用するかなど、理解が深まらないと、欧米のような広まりにはならないのではと思えます。

■ Amyris:https://amyris.com/

 

ピロリ菌除去乳酸菌「Pylopass」(Novozymes社製)の日本発売/ヘルシーナビ社

2016年Novozymesは、ドイツのOrganobalance社を買収。Organobalanceは、胃の不調の原因となるヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)量を減らすという他の乳酸菌にないユニークな特徴があるLactobacillus reuteriを保有(特許も取得済み)。Lactobacillus reuteri(死菌)は、H.ピロリの構造表面を認識することができ、共凝集を形成し、胃腸管を通じて生体外に除去するユニークな機能があるとのこと(ピロリ菌除去メカニズム(動画)参照)。

ピロリ菌除去メカニズム(動画): 
http://www.healthynavi.co.jp/healthFood/video/Pylopass/Pylopass_w1280.mp4

 

ヘルシーナビ社が、このピロリ菌除去乳酸菌の日本国内独占販売権をNovozymesから取得。ヘルシーナビ社は、「オンリーワン」「スペシャリティー」「高付加価値」の原料を世界中から発掘し、マーケティングや販売活動を展開しているとのこと。

ヘルシーナビ社:http://www.healthynavi.co.jp/index.html

 

Novozymes社が、一つの会社に、一つの製品の日本独占販売権を与えたことが意外な感じがして印象に残りました。Novozymes JAPANが、直接B2B販売しても良さそうなので、酵素製剤と乳酸菌のような製品とでは、ビジネス上何か違いがあるものでしょうか?

Nestle: 海藻からコーヒークリーマ(non-dairy liquid coffee creamer)製造

Nestleは、red seaweed extractsと高オレイン酸植物油のブレンドで、口当たりが改善されたnon-dairy liquid coffee creamersを開発とのこと(長期保存期間:最大6ヶ月)。

ヨーグルトのようなテクスチャーを有し、20°C~38°Cで貯蔵可。コーヒーの他、紅茶、ココア、シリアルなどでも使用可。これまでの液体クリーマーは、食感や口当たりが課題で、保存期間中の相分離、高粘度によるpoor pouring、あるいは、流し込み中のdrip backなどを解決しているとのこと。“novel hydrocolloid texturizing/stabilizing system”と表現。伝統的なグアーガムに組み合わせて、2つのred seaweed extracts (kappa-carrageenan and iota-carrageenan)をブレンドしているとのこと。

特許:WIPO International Patent No. 201900231

https://patentscope2.wipo.int/search/en/detail.jsf?docId=WO2019002031&tab=PCTBIBLIO&office=&prevFilter=&sortOption=Pub+Date+Desc&queryString=FP:(nestec)&recNum=5&maxRec=23989

 

紅藻から抽出したkappa-carrageenan と iota-carrageenanを主体にした増粘剤と高オレイン酸植物油のブレンドで、少し粘度のあるクリーマの感じを出している様子。通常の増粘剤を組み合わせて作っても良さそうだが、「海藻(紅藻)」抽出物ということで、非動物性の天然物という感じで仕立てたいのだろうか?

アクリルアミド低減酵母_その2

予てからアナウンスされていたように、KerryがRenaissance BioScience社のアクリルアミド低減酵母“Acryleast”を発売とのこと。

予想された通り、アクリルアミド発生の要因となるアスパラギンをアスパラギン酸に加水分解する酵素であるasparaginaseが豊富なclean-label  non-GMO yeastで、アクリルアミドを最大90%まで低減可能とのこと(基準不明)。製品名”Acryleast”。ビスケット、クラッカー、フライドポテト、ポテトチップス、コーヒー、乳児用食品など、さまざまな食品および飲料製品に適用可。さらたpackaged foodsに許容されるアクリルアミド量を制限、製造業者に製品中のアクリルアミド量を調査・削減するよう定めた20184月施行されたEUのアクリルアミド規制やCalifornia Prop 65 warningを念頭においた上市。カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、中国の規制当局もまたアクリルアミドの食事リスクや管理リスクを食品企業と調査、検討中。Kerryは、a from food, for food philosophyで、消費者にnatural solutionsを提供しようとしているとのこと。Acryleastは製造工程に全くあるいは最小限の変更だけで、風味、香り、食感には何の影響も与えない点もポイント。

■  acrylamide is a natural byproduct of cooking starch rich food at high temperatures, there is a growing body of evidence that it is a potential carcinogen.

  Our laboratory and sensory analyses have demonstrated that foods produced using Acryleast are comparable in appearance, aroma, flavor and texture to those produced without Acryleast.

  For customers looking for peace of mind and a more natural, non-GMO, sustainable solution to a naturally occurring problem, Acryleast is a natural and clean-label solution.

NovozymesやDSMから、アクリルアミド低減酵素Asparaginaseが、既に発売されている。Acryleastは、酵母中のasparaginaseの活性量を高めたものと思われる。 酵素自体ではない分、安価で、発酵法での製造とすることでNatural感を出すことが狙いなのだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

アクリルアミド低減酵母

Kerryが、Self affirmed GRASを取得しているRenaissance BioScience Corp社のnon-GMO acrylamide-reducing yeast enzyme, “Acryleast”について、ライセンス契約を締結とのこと。2019年Q1発売予定。Acryleastは、ビスケット、クラッカー、フライドポテト、ポテトチップス、コーヒー、幼児食品などの食品や飲料製品のアクリルアミドを最大90%まで減らす天然の非GMO酵母由来酵素。EUにおける2018年4月施行のアクリルアミド規制(packaged foods中のアクリルアミド量の制限と製造業者が製品中のアクリルアミドを厳密に検査し低減することを定めた法律)への対応。baked goods, snacks and processed potatoesでのAcryleastのアプリケーション開発に注力する目論見。no impact on flavor, aroma and textureとのこと。

■ Renaissance BioScience Corp. (RBSC) http://www.renaissancebioscience.com/
Renaissance BioScience Corp. develops proprietary yeast-based technology solutions for food and beverage manufacturers worldwide. Our current products include commercially available yeast strains that prevent the formation of two separate and significant naturally occurring contaminants: acrylamide in carbohydrate-rich foods and coffee, and hydrogen sulfide in wine, beer and cider.

■ Acrylamide management is becoming a big concern for the industry.
 This license agreement is quite timely given new EU acrylamide regulations, which came into effect in April 2018, marking the beginning of the law which limits the amount of acrylamide allowed in packaged foods and forces manufacturers to closely examine and reduce acrylamide levels in products.

これまでの報道では記載がなかったが、“Acryleast”の技術ポイントは、アクリルアミド発生の原因となるAsnのAspへの加水分解を触媒する酵素Asparaginaseの活性が高い酵母ということであろうと思われます。