Nestle CTOによる食品の未来についての7つの予測

Nestlé CTOが、Bühler Networking Days event(2050年100億人を持続的かつ健康的にの議論)で語った食品の未来についての7つの予測。

Food is ‘getting cool’で、”We have to continue to renovate our products based on the needs of society.”と発言し、以下のような今後の食品についての7つの予測を披歴されたとのこと。

食品業界における世界的な7予測;
① ’Plant-based nutrition is exploding’ :消費者の食品に対する価値観の変化。様々な食事パターンの出現。vegetarians, paleo, pagan, pescatarian, ketogenic people who eat low carb diets, lactose-free and dairy-free’ trendsなど。米国における2つの新パターンは、 intermittent fasting(断食) とpaleo diet(古食?:狩猟採集社会ダイエット)とのこと。Food is somehow getting cool.(食品はかっこいいものでファッション。)

② Food needs ‘Instagramability’ :social mediaの発達が食品の販売方法を変えている。food bloggers and influencers が cool food productsを共有。social mediaで味と香りの共有は難。architecture とcolourが重要で、Instagramability(インスタ映え)が必要。

③ Innovation and variety is more important than ever:Innovationと多様性が求められている。急成長しているのは、texture, colour, flavour and appearance.でbeef and meatを模倣した製品開発をしているvegan meat analogue segment。 Nestlé’s new plant-based burgerは、beet由来のred colourで、cookingでbrownに変化。低コレステロール。ローファット。better nutritional profile。温室効果ガスの排出は牛肉に比べて90%削減可。 Sustainableで delicious tasteなものは、市場の受容性大。wheat-free pizzas, plant-based dairy products, alkaline water and nitro-coffee: a fusion of beer and coffeeなどは、新規性と消費者のイデオロギー変化に合致。ミレニアル世代にアピール。ペット用の抗アレルギー製品なども市場に登場。

④ Big hopes for biodegradable plastics:Plastic wasteは、major issue。楽観的。Nestleは、生分解性材料で紙をコーティングする方法を開発、実用化済み。.

⑤ Addressing your carbon footprint is fundamental :Greenhouse emissions は、大問題。排出量を削減するための行動が標準的な業界慣行で、食品の基本的な要件。様々なプレーヤーの多くのactivismが必要。

⑥ Collaboration is also key:Nestlé’s R&D Acceleratorが2019年末までに開設予定。Nestlé scientists, students and start-upsがコラボしてfood innovationsを起こす中心となり、global network of innovation.の構築を図る。start-ups, university teams, suppliers and partnersが、Nestleのmarketing and regulatory expertiseを含むすべてのexpertiseにアクセス可とする仕組み。

⑦ Answering new health challenges:消費者にaffordable, healthy food optionsを提供することは業界のbig challenge。今後、特定の栄養素不足が懸念される。VegansのVit. B12と鉄欠乏の有病率大(スイスとドイツのvegan mothersの80%)。子供への影響も心配。

■ Bühler Networking Days 2019:https://networkingdays2019.buhlergroup.com/

 

現在の欧米の食のトレンドと、それに対するNestleのSolutionを紹介したという印象。その通りに向かっていると感じるが、対応して行くためには、相当の経済力が必要に思われる。また、より斬新なアイディアが求められ、Start-upや、Acceleratorなどが台頭し、大手がその囲い込みをしようという構図になっているように感じられる。消費者目線では、選択肢が増えることは良いことだが、複雑になり過ぎたり、地球全体での食の収支に極端な偏りが出ないように努力するという視点も必要になってくるように思う。

Nestle Japan:KitKat(5製品)の包装をorigami-friendly paperに変更

Nestle Japanが、2019年9月からKitKat(5製品)の包装をorigami-friendly paperにするとのこと。プラスチックを年間約380トン削減見込み。新しい紙パッケージを廃棄物として処分する代わりに、折り紙に折りたたんだり、メッセージを書くために使用できるとPR.

完全にリサイクル可能で、森林管理協議会(FSC)の認定。素材は高強度の紙で、雨や雪に強いとのこと。設備投資などのコストは上昇するが、持続可能な社会への投資。パッケージの交換は、2025年までに100%リサイクルまたは再利用可能なパッケージを作成するというNestleのビジョンの最初のステップ。目標は、リサイクルしやすい単一素材の開発。食品ロス対策として、残渣としてきたココアパルプを天然甘味料として使用したKitKat製品も発売済みとのこと。

 

■ Forest Stewardship Council (FSC):https://fsc.org/en

 

プラスチック問題に対して、2025年までに100%リサイクルまたは再利用可能なパッケージを開発することに注力しているNestle。”recycle paper packaging”技術を開発し、既に、Nesquickやsnack bar ‘YES!’などの一部の製品に適用していると聞きます。生産ラインでの耐久性や効率、輸送、保管での品質保証など確認しなければならないことが多いのではと思っておりましたが、Nestle日本の製品で使用とのこと。技術評価が進み、順調に推移しているのだろうと思われます。紙包装に変換することでのコスト高の程度や生産効率が知りたくなってしまいますが、プラスチック問題に対しての素早い対応で、まずは一歩を踏み出したと感じます。昨今の異常気象や災害による被害を考えますと、Sustainabilityということに真剣に向き合わなければならないと考える次第です。

Givaudanと食品加工プロセス装置のBühler社が、Start-up支援で連携

Givaudanと、食品加工プロセス装置のBühler社が、破壊的な(「disruptive:破壊的な」が、innovativeより多く使われるようになってきたように感じます)技術・製品のスケールアップや商業化を目指すStart-upを支援するため、起業家をスイスの夫々のinnovation centresに迎い入れ、指導・支援する(mentor)ことで、パートナーシップを締結とのこと。

ここ数年、Givaudanは、MassChallengeやEIT Food Accelerator Networkを介してStart-upsとコラボしたり、コーチングしてきたことが背景。2050年100億人が食べて行くには、radical innovationなしにはできない。エコシステム全体のenergy, passion and skillsを活用する必要があり、Start-upsが重要な役割を果たすとの考えが根底にあるとのこと。GivaudanとBühlerは、MassChallengeの創設メンバーで、EIT Food Accelerator Networkのパートナーであり、スイスETHとEPFL (Ecole polytechnique féderale de Lausanne)、 Nestléとともに「Future Food – A Swiss Research Initiative (“Future Food Initiative”)」を立ち上げた仲間(基金$4m)。求めているのは、alternative proteins, sustainable animal feed, food safety, food fraud, authenticity, natural ingredients for food applications (colors, preservatives), flavors, nutrition (particularly fibre, sugar, fat and salt reduction), ingredients with proven health and nutrition benefits, and gentle processingの分野で技術開発しているStart-ups。Givaudanにとっては、collaborative innovation戦略の一環。新設したInnovation Centreは、優れたStart-upsに、Givaudanのtechnology, expertise and capabilities を活用するための完璧な環境を提供。Bühlerは、Givaudanの施設を補完するcollaboration spaces, laboratories and technology and scale-up facilitiesを備えたCUBICを開設しているとのこと。

■ Bühler:https://www.buhlergroup.com/global/en/home.htm
food processing technologies, including milling, grain, quality, hop optical sorting, data services, value nutrition (extrusion, aqua feed, pet food); consumer foods: coffee, biscuits, wafers, chocolate, cocoa, nuts; and advanced materials: including optics, coatings, die casting, lithium battery, optics (sensors, camera coatings)の専門性あり
⇒ CUBIC :https://www.foodnavigator.com/News/Food-Safety-Quality/Take-a-look-behind-the-scenes-of-Buehler-s-CUBIC-innovation-campus

■ Givaudan : alternative proteins; flavor creation and application; enabling sugar, salt and fat reduction and replacement, natural functional foods and H&W ingredients, regulatory and consumer insights and analytical and food science で支援.
⇒ Innovation Center :https://m.foodingredientsfirst.com/news/strong-innovation-culture-givaudan-opens-new-us120-million-flagship-innovation-center-in-zurich.html

■ MassChallenge:https://masschallenge.org/
Headquartered in the United States with locations in Boston, Israel, Mexico, Rhode Island, Switzerland, and Texas, MassChallenge strengthens the global innovation ecosystem by accelerating high-potential startups across all industries, from anywhere in the world for zero-equity taken.

■ EIT Food Accelerator Network:https://www.eitfood.eu/entrepreneurship/projects/eit-food-accelerator-network-fan-2019

(上記URLに接続不可であれば、下記URLで概要をご確認ください。)

https://eit.europa.eu/news-events/news/eit-food-accelerator-network-announces-second-cohort-agrifood-start-ups
The existing EIT FAN (Food Accelerator Network) programme will be expanded to 5 acceleration hubs based in UK, ES, CH, IL and DE thereby enabling greater business impact from European research and innovation.

 

食品関係のグローバル大手各社は、筋の良いStart-upsの囲い込み施策を展開している感じ。最終的に、実用化・製品化に至るには、実際にモノを作るための加工技術・装置の手当てが極めて重要。従って、食品加工プロセス装置の開発を専門とするBühlerの位置付けが大きくなると考える。Start-upsを支援するためのinnovation centresをスイスに置くこともポイントになるように思う。近隣に、ETHなど食品加工技術や分析・解析に優れた研究機関が多いことを活用できそうに感じる。どんなStart-upがステージアップしてくるか注目したい。

Nestle: R&D Acceleratorを創設

Nestleが、scientists, students、start-upsを一堂に会して、科学・技術を進歩させるためのR&D Acceleratorを創設とのこと。目的は、Nestleのシステムや食品・栄養に関する専門知識を活用して、革新的な製品開発のスピードアップを図るとのこと。

このconglomerateは、起業家の創造性を見出し、それを具体的な試作品や製品に変えることに注力。組織全体でのプロトタイピング機能の強化、有望なプロジェクトの発展、特定のチャネルでの実用的な市場テストの実施など、イノベーションを加速するための様々な手段を講じるとのこと。アカデミアの科学・技術についての洞察力と、innovation partnersやstart-upsの起業家的な創造性という両方の観点で推進。外部連携は戦略であり、このR&Dアクセラレータと、R&D及びビジネスチームを連携させることで、オープンイノベーションを新たなレベルに押し上げることを期待。有資格チームは、shared labs, kitchens, bench-scaleおよびpilot-scale equipmentを含めて、NestleのR&D expertiseとinfrastructureにアクセスすることができるとのこと。第1号は、2019年末までにスタート。Nestlé’s global R&D networkの一環。nutrition, health and wellnesを含むNestleのstrategic focus areasが対象。現在6チームを編成。半分はNestle team、残りが外部か混成チーム。急速に変化する消費者の嗜好に応えるために、新しいイノベーションプラットフォームと社内インキュベーターを活用して製品開発をスピードアップする施策。healthy and nutritional foodに対する新たな取り組みとして、meatからplant-basedへの移行を図るなど(plant-based productを発売するとともに、畜肉製品などを主力とするHerta社を売却予定)、イノベーションと方向転換という点で際立っている感ありとのこと。魅力的な高成長分野に向けてポートフォリオ変換を積極的に実施。Bühler, Givaudan とNestléの3社 によるthe Future Food Initiative (FFI)も共同創設、plastic-free packagingや、飢餓、栄養失調および持続可能性に取り組む計画も進行中とのこと。

The accelerator is part of Nestlé’s global R&D network and located at the company’s fundamental research entity Nestlé Research, which employs around 800 people. It also includes several units of Nestlé’s R&D organization, leading academic institutions such as the Swiss Federal Institutes of Technology in Lausanne (EPFL) and Zurich (ETHZ) and the Swiss Hospitality Management School in Lausanne (EHL) as well as a wide range of innovation partners, suppliers and start-ups.

 

じっくり読むと、Nestleの最近の顕著な方向性変換等について、概観できる記事かと思います。nutrition, health and wellnesに関係する高付加価値や成長性のある領域に注力しようとしているが、これまでのようなやり方では革新的な展開ができないということで、様々な取り組みをされているように感じます。食や健康に対する関心の度合いや要求内容が急速に変化している中、最大手と言えども模索しているのかもしれません。

“The Hatchery”(孵化場の意): 非営利のfood business accelerator 

Mondelēzが、シカゴにあるnon-profit food business accelerator “The Hatchery”(孵化場の意)に投資とのこと。

Mondelezは、自社のSnackFutures(革新的なスナックを考案する組織)やventure hubの一環として、プレバイオティックな機能性食品ブランド“Uplift Food”へ投資するなど、革新的なStart-upへの投資を計画しているとのこと。一方、“The Hatchery”は、Conagra, Griffith Foods, やKellogg’sのような大手食品会社やearly-stage food startupsのために、67,000-square-foot coworking spaceを新設。a large central shared kitchen space と multiple private kitchensがあり、food safety, packaging, financingに関するjob training とregular food industry education classesを提供。2019年に150名の雇用を創出。年に25の新会社と協力して2023年までに900名の雇用創出を図るということで、シカゴの食品コミュニティにインパクトを与えているとのこと。The Hatcheryは、“startup for startups”という位置づけとのこと。優れたStart-upを育成しているとの評価を受けている様子(少なくても、Mondelezはそう評価)。

■ The Hatchery:https://thehatcherychicago.org/
We are a non-profit food and beverage incubator dedicated to helping local entrepreneurs build & grow successful businesses.

■ SnackFutures :https://www.snackfutures.com/
Discovering and unleashing innovative ideas to lead the future of snacking
SnackFutures’ mission is aligned with Mondelēz International’s purpose of empowering people to snack right by offering the right snack, at the right time, in the right way.

■ Uplift Food:https://upliftfood.com/

■ Why Conagra and Kellogg invested in a $34M startup incubator in Chicago:
https://www.fooddive.com/news/why-conagra-and-kellogg-invested-in-a-34m-startup-incubator-in-chicago/509762/

 

The Hatcheryは、“startup for startups”という役目で機能している様子。食品関係の新事業のアイディアや技術をもっていて、企業化したいという人たちに、Start-up創設のための周辺情報や技術、場所などを提供しているNPOであると感じました。Conagra, Griffith Foods, やKellogg’sは出資していて、施設を使えるとともに、Start-upの卵に、いち早く出会えるという仕組みではと想像します。大手食品企業の出資金の一部が育成資金に充てられているのかもしれません。何れにせよ、”startup for startups”というのは、「孵化場」とい名前に相応しく、教育・支援・育成を推進しているNPOのようで、面白い存在と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原材料も分かる「食品判定AI」

NTTドコモが、「商品棚画像認識エンジン」とディープラーニングの手法を組合せ、スマートフォンで撮影するだけでムスリムやベジタリアンが購入可能な商品かどうかを見分ける食品判定システムを搭載した専用アプリを開発。ムスリム・ベジタリアン向けレストラン検索アプリ「HALAL GOURMET JAPAN」内の一機能として提供されており、原材料データも表示できるとのこと。「第3回 AI・人工知能EXPO」(4月3~5日、東京ビッグサイト)で、本アプリのデモが体験できた模様。

■ HALAL GOURMET JAPAN:https://www.halalgourmet.jp/ja

■ NTTドコモの「商品棚画像認識システム」に関するプレスリリース:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/03/01_01.html?cid=CRP_INF_news_release_2018_03_01_01_from_RSS_news_release

■ 第3回 AI・人工知能 EXPO
NTTグループブースのご案内
会期 2019年4月3日(水)~5日(金)10:00-18:00
会場 東京ビッグサイト 青海展示棟 小間番号7-19

 

アップルストアで、「HALAL GOURMET JAPAN」を検索すると、Moving Squad Inc.製の「HALAL GOURMET JAPAN(ハラルグルメジャパン)」というのがヒットします。恐らく、この中に、NTTドコモの食品判定システムが組み込まれているものと思われます。スマホカメラで商品棚の写真を撮ると、その画像を認識して、商品画像データベースと照合。青色ならムスリムもベジタリアンも可、赤色はムスリムのみ可、白色はいずれも不可というように、食することができるか否かを判定してくれるようです。原材料データも表示するとのこと。ムスリムなら、動物由来成分やアルコールを含有していれば不可なのを、画像から判定してくれるものと思われます。商品に関するこの原材料データベースが、どの程度の製品数をカバーしているのか知りたいところですが、現在200~300種。今後1000種程度まで拡張することを目指すとのこと。そこまで行くと、原材料の製造元などの情報も追加して、トレーサビリティや透明性強化のツールとしても活用できるのではなどと、色々な使い道がか考えられそうです。

USDAの食品・栄養素データシステム_”FoodData Central”

USDAのAgricultural Research Service(ARS)が、様々な食品と食品製品に関する栄養素プロフィール情報へのオンラインアクセスを提供する食品および栄養素データシステム“FoodData Central”を公開したことを伝えています。。

A new ARS nutrient database will be an essential resource for researchers, nutrition professionals, health care providers, product developers, policy makers and consumers

 

“FoodData Central”として知られるこのシステムは、研究者、栄養専門家、医療提供者、製品開発者、政策立案者、そして消費者にとって不可欠なリソース。FoodData Central は、5種類の異なるタイプのfood and nutrient composition data baseをベースに構築。“Experimental Foods” に対しては、climate, soils, and agricultural practices なども反映したデータになっているとのこと。 ダウンロード可能なので、アプリケーション開発者は、その情報を自分のアプリケーションやWebサイトに組み込むことも可。新FoodData Centralは、研究者、栄養士、医療従事者、製品開発者、政策立案者、そして消費者にとって不可欠なリソースとなるとのアナウンス。

■ FoodData Central :https://fdc.nal.usda.gov/ ←ここにアクセスすると、簡単に検索できます。

 

いくつか思いつく製品名で検索してみると、栄養成分と原材料成分が表示され、各成分の量も把握できるようになっていて、かなり便利。データベースをダウンロードできるので、自分のシステムに組み込めば、成分設計も可能に思われる。日本の食品成分表と整合性が取れているのかは不明。各国毎に、食品に対する規制内容が異なっていたり、原材料自体も組成なども異なっているでしょうから、他国製品とは整合性は取れないのではと思われる。しかし、グローバル展開している食品はたくさんあるので、利用価値は高いのではと思う。少し触って遊んでみようと思う。

消費者の味覚を分析・理解するAI「Gastrograph AI」

消費者の味覚を分析、理解するAI「Gastrograph AI」を開発するアナリティカル・フレーバー・システムズCEO ジェイソン・コーエン氏へのインタビュー記事。Gastrographは『消費者の味覚を理解する』AIプラットフォームで、食品や飲料の新商品開発で活用。ターゲット層にヒットするフレーバーをAIで予測することで、莫大な予算を要する新商品の開発をより確実性が増すとのこと。

味の評価項目をあらかじめ設定するなどして、味の評価がぶれないようにアプリが設計。狙った客層に確実にヒットする味が予想でき、人々の嗜好が細分化する中で、的確な商品戦略を立てる上で大きな武器となるとPR。対象国100人のデータから、その国の人の味覚や嗜好パターンを理解することが可能。Gastrographのチームが基礎味覚データを1度でも集めてしまえば、対象国と自国の基礎データの違いを解析することで、対象国が嗜好する味を予想できるとのこと。よって、食品メーカーがわざわざ海外のモニターを探す必要もないとのこと。大量に同じ味の商品が生産消費される時代は終わり、ターゲット顧客の好む味を的確に捉えた製品開発を可能にするとのこと。食感にも拡張中とのこと。

■ Analytical Flavor Systems: https://www.gastrograph.com/about.html

■ Gastrograph AI : https://www.gastrograph.com/

The artificial intelligence platfor for food & beverage producers Gastrograph AI is the first artificial intelligence platform to understand human sensory perception. Our clients know what successful products taste like…do you?

 

アナウンスされている通りに、容易に『消費者の味覚を理解する』ことができるのなら、非常に有益なツールと思われる。恐らく、味の評価項目の標準化(官能評価の言葉合わせ)の部分に時間を割いて、緻密な調整をされているのではと想像する。そうしても、個々の地域間の補正が簡単にできるのか興味深いところだ。ターゲットに的確に合う味覚を効率的に予測できるなら、開発戦略が立て易い。2~3のモデルケースで、試してみたくなる。

 

 

植物由来の天然赤色色素 (Carmine alternative )

Chr. Hansen(Commercial Development, Natural Colors Division)が、10年間にわたる伝統的な育種プログラムの結果、昆虫(コチニールカイガラムシ)由来の天然赤色色素であるcarmineに代わるnatural red alternativeを産生するサツマイモ新品種Ipomoea batatasを商品化。このサツマイモ由来色素製品4種を発売予定(① A powder. ② A more pinkish-red, cost-effective blend with more black carrot inside. Two blends with safflower which produce: ③ A bright tangerine orange and; ④ A red with a more orange tone.)とのこと。

natural colorの需要増に伴うcontingency plans(緊急時対応策の意か?)となるため、ラテンアメリカでの通年収穫の生産とし、需要予測に合わせて毎月の生産計画を微調整することも可とのこと。育種された後、取扱い、運搬法、抽出法などを完成させ、植物を基調とした鮮やかな赤色色素が得られ、carmineや合成色素に代わる天然代替品とすることができたとのこと。Carmineなしでは、off-tasteするリスクなしに作ることができなかったfire-engine red colorを作り出すことができるようになったとのこと。表示は、米国では“vegetable juice (color).”  EUと残りの国々では“sweet potato concentrate”となる。多くのアントシアニン類は、pHの影響大だが、この色素は、他のアントシアニンに比して安定。精製品は、bright red でブレンドで様々な色を作ることが可。“Color is key in food, not only of flavor and quality, but also of emotions and feelings.” Clean labelトレンドは継続しており、「Clean lable」で13%のCAGR。Clean label製品は、2017年の世界の新規飲食品発売の29%。食品・飲料メーカーは、このトレンドに合わせて製品開発をする clean label strategy をとっている。他方、Chr. Hansenは、 carmineの世界No.1サプライヤーでもある。Carmineは、昆虫由来の最も安定なbright red and pink colorの供給源。昆虫食に対する理解が深まれば、これまで以上に普及する可能性もあるとChr. Hansenは見ているとのこと。

 

Natural, Clean label, Plant-basedといったトレンドがここ数年続いている。sustanabilityの観点も加わるため、植物性の天然素材が好まれている。伝統的な育種法を用いて、10年かけて開発したとのこと。non-GMOとしたいという想いもあったのだろうと思う。”Natural Colors Division”という部署名をかけての開発だったのかもしれない。自然のものが、全て安全で、体に良いとする考え方には落とし穴があるように思うが、自然に学び、活用することは重要と考える。Chr. Hansenの地道な努力に拍手したい。

 

ブロックチェーン技術を食の安全に活用

Dole、Driscoll’s、Golden State Foods、Kroger、McCormick & Company、McLane Company、Nestlé、Tyson Foods、Unilever、Walmartが、IBMのエンタープライズ向けの「IBM Blockchain」を活用して、汚染された商品を汚染源まで短時間で追跡、情報の共有化を図るシステムにして行くとのこと。ビットコインのように、個々で信頼性を担保し、情報を共有化する構造構築を目指すようだ。

世界的な食品サプライチェーンの企業で構成されるグループが、汚染された食品が消費者に届くのを防止しようと、IBMのブロックチェーン技術を導入。ブロックチェーンの恩恵を受けられる新たな分野が拓かれるとのこと。
世界保健機関(WHO)によると、汚染された食品が原因で10人に1人が病気になり、40万人が命を落としている。二次汚染、食品に起因する疾病の拡大、不要な食品廃棄、リコールの経済的な負担など、食品の安全性に影響する重要な問題の多くが、情報の入手機会やトレーサビリティの不足によって拡大。その結果、正確な汚染地点の特定に数週間かかり、さらなる疾病を引き起こしたり、売り上げの減少や商品の廃棄を招きかねないという。IBMは、「ブロックチェーンは、すべての取引に関して信頼できる環境を構築するため、こうした問題に対処するのに非常に適している。世界的な食品サプライチェーンの場合、生産者や納入業者、加工業者、流通業者、小売店、規制当局、消費者といったすべての関係者が、取り引きされる食品の原産地や状態に関して、信頼できる既知の情報にアクセスできる。」としている。3月に発表されたIBMのエンタープライズ向けの「IBM Blockchain」を利用すれば、汚染された商品を汚染源まで短時間で追跡できるとのこと。

食の安全への貢献のみならず、食品ロス問題の解決策としても、ブロックチェーン技術が活躍しそうとのこと。

ベジテック、カレンシーポート、三菱総合研究所は、アマゾンジャパン、日本アクセスの両社の協力のもと、ブロックチェーン技術を活用した食品トレーサビリティプラットフォームの実証実験を実施、結果概要を取りまとめたと発表。
実証実験では、事故品が流通したと仮定し、事故品の特定と出荷停止、回収についてBCプラットフォームがある場合とない場合の比較検証を実施。今回対象とした特定の青果物について、トレーサビリティ情報(生産者情報、生産履歴、流通履歴等)を各参加事業者が、今回開発したBCプラットフォーム上に記録、閲覧。その結果、食品トレーサビリティプラットフォームがある場合は、従来に比べて、商品の回収作業に要する時間をサプライチェーン全体で1/3(事業者によっては最大1/7)まで短縮、回収対象品の量は最大で約1/180に削減可能であることを確認とのこと。

 

ビットコインに使用されているブロックチェーン技術が、食品分野でも応用可能なのは明らかで、安全・安心を担保する手段として広まっていくことは確かだと思われます。さらに、製品開発の場での実験データの共有化、ファイヤーウォールを設けながらの研究開発など、ブロックチェーン技術が素人でも簡単に使いこなせるようなものであれば、利用価値が高いと考えます。使用者にも対応が簡単なのは、ビットコインで検証済みのことでしょうか?