IFT Food Expo 2019_雑感

米国IFT(Institute of Food Technologists)Food Expo 2019などに出席するため、2週間程留守にしており、このブログも暫く振りのアップロードになります。IFT2019のトピックスについては、下記のようなWeb記事で紹介されております。記事の内容を紹介するとともに、IFT2019を見て回ったり、スーパーマーケットなどを眺めての感想を付け加えて記載してみます。

(取り急ぎアップしようと記載しておりますので、メモ書きのようになりますこと、ご容赦ください。)

IFT 2019 review: Natural sweeteners, CBD, Fermented proteins

 

Plant-based meat, dairy and egg alternatives got top billing at the IFT annual meeting and expo in New Orleans this year, while hemp-derived CBD also made its debut, regulatory uncertainty notwithstanding… Check out part 1 of our gallery of highlights from the world’s biggest food science symposium.

 

From the latest trends in all things spicy from Kalsec and Ajinomoto’s take on the ‘sixth’ taste kokumi, to what Coca-Cola is looking for from startups as part of the IFTNEXT program, check out part 2 of our gallery of highlights from the world’s biggest food science symposium.

IFT Food Expo 2019ですが、Clean labelとPlant-based proteinが主なテーマでした。Naturalトレンドと相まって、Clean labelは、相変わらず関心の高い話題と感じます。従来の成分表示数を低減するという考え方で、Chemical soundやNegative listに列挙されているものの天然代替品や(表示フリーの)機能素材代替を紹介したり、Naturalを強調できる素材を紹介するものなど、定義がヒトによりまちまちであることを再認識。Plant-based proteinを使用しているImpossible Burgerが販売されているレストランに行くと売上好調で欠品になっているところが多い様子。Whole Foodsに行けば、Beyond Burgerが普通に、フードコーナーのハンバーガー売り場のメニューになっていました(食べてみましたが、言われなければ普通の肉のハンバーガーと変わりなしと感じました)。そのように、Plant-based proteinを使った製品が、市民権を持ち、急成長している様子で、IFT2019でも、Plant-based proteinを紹介する様々なブースが存在していました。このような状況での中国勢のキャッチアップ能力は抜群の感があります。肉代替に留まらず、卵や乳製品代替を目指した植物タンパク質開発も盛んな様子で、オート麦ベースの乳製品代替品やlentil(レンズ豆)-based proteinなど、Pea protein以外の植物タンパク質の紹介も目立っておりました。Ingredionが投資しているClara Foods社の発酵によるchicken-less egg proteinsも画期的との評価を受けている様子であり、植物タンパク質(Peaとrice protein)をキノコ菌糸を用いて発酵させたプロダクトを紹介しているMycotechnology社も注目されている様子で、植物タンパク質をFermentationで製造したり、加工するという動きも盛んになっているように感じました。また、砂糖削減のための天然甘味料を紹介するブースも多かったように感じます。Stevia関係では、ASR(Sweet Essence M)、ADM(SweetRight Edge)、およびSGF(SteviAroma)がソリューションを含めて紹介。Alluloseが、「加糖」表示は必要ないとするFDA判断が下されたことで、Tate&Lyle、Ingredion(松谷化学との提携)、Apura Ingredientsなどのサプライヤーが、有望な甘味料として提示。大麻(Hemp)由来成分のCBDを紹介するブースも多く存在し、今年のトレンド素材となっているのも頷けると感じました。ただ、FDAが、CBDは違法と考えている様子にて、5/31に開催されたCBDに関する公聴会を皮切りに、今後、レギュレーション論議がなされる中で、この勢いがどうなるかが決まってくると思われました。

Clean labelとPlant-based foodsに関するトレンドが今暫くは継続、あるいは、定着化するだろうと感じた展示会でした。

Healthy Ageing APAC Summit 2019開催予告 (7/9~7/11,シンガポール)

FoodNavigator-AsiaとNutraIngredients-Asiaが主催して、7/9~7/11に、シンガポールで開催される “The second Healthy Ageing APAC Summit 2019”についての開催予告記事。

テーマは、アジア太平洋地域の人口問題に対する栄養と食品のソリューション。APACに、世界の高齢者(60歳以上)人口の約60%が住んでいて、この地域の高齢者の数は、2018年の6億人から2050年までには13億人近くに倍増すると予測されている。高齢者に適した栄養と食品の需要が急上昇する一方で、若年層にあっては現在の栄養と健康の選択が、高齢者になった時の生活の質に影響を与えると認識することが重要。このイベントの目的は、食品・栄養産業 が、“the rapidly ageing populations of today, and more crucially, tomorrow”にどのように向き合うかについてとのこと。
スピーカー:
Dr Jörg Hager, Genetics Lead, Nestlé Institute of Health Sciences
Belinda Reynolds, director of research, product development and emerging markets, BioCeuticals
Joy Beckerman, Regulatory Officer and Industry Liaison, Elixinol
Sandhya Sriram, CEO, Shiok Meats.

BioCeuticals:https://www.bioceuticals.com.au/
Shiok Meats:https://shiokmeats.com/
Shiok Meats is a cellular aquaculture and cell-based meat company, the first of its kind in Singapore and South-East Asia.
Elixinol :https://elixinol.co.jp/education/
ヘンプCBDオイル(動画:https://www.youtube.com/watch?v=Ej5VIkSz-UQ&feature=youtu.be

後援(現在のところ):Gencor、Beneo、Rousselot、Fitoplancton

 

急速に高齢化が進むアジア太平洋地域の国々。その中でも日本の高齢化率は最も高いところに位置する。Healthy Ageingを求め、様々な試みがなされていると思われる。日本の食品企業・研究機関などからスピーカーが出ていないのが残念に思う。まだ、大きく成功し、標準化できるようなものやシステムが見出せていないからだろうか?今回のイベント予告からでは、Nestleからどのような話題提供があるのか不明だが、他はサプリメントやcellular aquaculture and cell-based meat 、ヘンプCBDなどについての模様。トレンドを反映させた面白い組合せとは思うが、Healthy Ageingというよりは、他の世代での話題にしてもよいと感じる。高齢者特有の課題の解決法について議論する場になることを期待します。


上記のようなコメントを記載した後、本イベントに関する2回の更新記事が出ておりました。

キリン、TCI Gene、High Value Nutrition Challengeなどからも、スピーカーが送られるとのこと。

スピーカーは、以下の方々になった模様。日本からも、キリンから、プラズマ乳酸菌についてよく講演されている藤原大介博士のお名前がある。乳酸菌と高齢者の関係が語られるのだろうか?

スピーカー(3/29現在)

Dr Siow Ying Tan, PepsiCo’s R&D Global External Innovation Lead of Academic Partnership
Dr Daisuke Fujiwara, Deputy Director of Kirin’s Business Creation Department
Dr Chan Shu Ting, Chief Supervisor of the Nutrigenomic Department at TCI Gene.
Joanne Todd, Challenge Director at New Zealand’s High Value Nutrition Challenge.
Dr Jörg Hager, Genetics Lead, Nestlé Institute of Health Sciences
Belinda Reynolds, Director of Research, Product development and Emerging markets, BioCeuticals
Joy Beckerman, Regulatory Officer and Industry Liaison, Elixinol
Sandhya Sriram, CEO, Shiok Meats.
Dr Reshmi Rajendran, Director of Danone’s global R&I Precision Nutrition D-Lab.
Alexandra Jones, the George Institute for Global Health
Dave McCaughan, Founder, ai.Agency
Amit Srivastava, Founder, the Responsible Nutrition Association of India
Steven Bartholomeusz, Policy Director, Food Industry Asia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Future Food-Tech 2018: 有望なStart-up 13社

Future Food-Tech Summitは、international innovation and investment summitのことで、ロンドン、サンフランシスコ、ニューヨークで毎年開催される。新鮮な発想、新しいソリューション、食品の未来を変える企業間の潜在的なパートナーを求めている投資家や世界の食品企業に不可欠なイベントになっているとのこと。2018年は、ロンドンで開催予定(10/18-19)で、世界の食品業界が直面する重大な問題に対処する技術の活用に焦点を当てたイベントになるとのこと。これに先立って、技術革新をもたらしていると注目されている国際的なStart-ups13社をノミネートしたことを発表。
下記記事に13社が紹介されています。

Start-ups in the spotlight: “Breakthrough” innovation nominees for Future Food-Tech 2018
Foodingredientsfirst 11-Sep-2018

 

■ 選出された13 Start-ups (各社のURLも記載)
•Amai Proteins(イスラエル):


thaumatin (E957)を始めとする甘味タンパク質設計。healthy (zero calories, zero glycaemic-index), widely-food-compatible, cost-effective, non-GMO and taste like sugar。thaumatin, brazzein, monellin, mabinlin, miraculin, curculin などの甘味タンパク質と、砂糖やステビアとのコンビネーションで味質の向上も図る。

 

•Triton Algae Innovations(米国):

人間の栄養改善を図る栄養価の高い微細藻類粉末(chlamydomonas reinhardtii)。scalable and sustainable manufacturing processを開発(独自の低コスト生産手法)。藻類を原料とする独自のバイオテクノロジーツール。colostrum proteins (初乳タンパク質、免疫タンパク質) やheme-binding proteins(meat analog用)も開発中。

 

•Nutrition Innovation(シンガポール):


healthier, less refined, industrial low GI sugar as a replacementとなる砂糖代替の開発。天然成分に由来する甘味料技術の開発。ブランド名:Nucane。複数の特許。healthier sweetening solutionsも提供。既に、国内とブラジルとオーストラリア向けに生産、販売、消費。

 

 

•Alkinnov(フランス):


高甘味度タンパク質、スーパーフード、フレーバー、その他の天然添加物で栄養市場に革命を起こすことを目指す。eco-friendly and GMO-free robotized process of plant biostimulation.

 

•Ambrosus(エストニア):


食品、医薬品企業向けのブロックチェーンを活用したIoTネットワーク。サプライチェーンの可視性と品質保証を最適化。

 

・Astrona(US):


easy-to-use, hand-held pathogen detection device。特許取得済みの病原菌のRNAを検出技術。培養工程なしで細菌、ウイルスおよび菌類の検出可。

 

• BluWrap(米国):


品質を損なうことなくサケや豚肉などの新鮮なタンパク質のshelf lifeを大幅に延長する技術。

 

• Chefling(米国):


在庫管理、直感的なレシピ提案、ショッピングリスト管理、音声アシスタントをシームレスに統合するAIプラットフォーム。究極のsmart kitchen solutionの提供。家庭での調理経験を簡素化。

 

• Ederna(フランス):


独自の低温液体濃縮技術で、濃厚な風味のコールドブルーコーヒースーパー濃縮剤COFFEOSを製造。

 

• FlavorWiki(スイス):


食品や飲料業界向けに設計されたユニークなconsumer insights and data management solution。バリューチェーン全体で、デジタル技術と数学的アルゴリズムを組み合わせて、実行可能なconsumer insightsを予測するアプリ。

 

• Savormetrics(カナダ):


独自のセンシング技術。食品から生化学的および生物物理学的データを抽出。データはAIモジュールに送られ、feature engineering and machine learning で、在庫予測、収穫時期、有害化学物質の検出、品質プロファイリング、味プロファイリングなどを提供

 

• Startchy(レバノン):


shelf life延長を目的にしたstarch-based bio-plastic coating for fruits and vegetable

 

• Veg of Lund(スウェーデン):


ジャガイモと菜種油をベースにした特許取得済みの耐熱エマルジョン。 plant-based liquid food solutionsの提供。

 

どのStart-upも、最近の食品業界で話題になっている課題に対するソリューションを提供しようとしている企業で、注目度大であると思う。今後、どのように事業展開して行くのか注目していきたい。