Amyris:sugarcane-derived zero-calorie ingredientでASRと契約締結

Amyrisが、GRAS statusを取得したとされるsugarcane-derived zero-calorie ingredientについて、ASR(American Sugar Refining) Groupとmajor supply and distribution dealを締結して、このnew non-GMO, natural, zero-calorie sweetenerを販売することを下記記事が伝えています。ASRは、米国、カナダ、メキシコに6つの精糖工場を所有・運営するthe world’s largest sugar cane refiner。significant volumeを保証する長期供給契約。Amyrisはブラジルでこの甘味料を製造。By making plant-based products using safe and sustainable ingredients, Amyris is continuing to disrupt markets. (DSMは、Amris株を20%保有)

Zero-calorie sweetener: Amyris inks major supply deal with ASR
Foodingredientsfirst 04-Oct-2018

ASR(American Sugar Refining) Group : https://www.asr-group.com/

Amyrisは、12月までに詳細発表するとしていますが、”sugarcane-derived zero-calorie ingredient”とは、どんな構造をしているのか、興味津々でネットサーフィンしてみると、Amyris自身が作成した文書の中に以下の記載があります。

  • In the second quarter of 2018, we successfully demonstrated our industrial process at full scale to produce a high-purity, zero calorie, natural sweetener from sugar cane. The molecule we are producing from sugar cane, Reb M.
  • The Reb M we produce from sugar cane is more sustainable, lower cost and has a specific technical profile that is advantaged in taste and total process economics for blends and formulations.
  • Our FDA Generally Regarded As Safe (GRAS) filing has been initiated and we will have commercial quantities of product produced at the Brotas facility by the end of the year.

従って、モノはStevia葉の甘味ジテルペン配糖体の中で、味質が良いとされているReb Mで、“Reb M we produce from sugar cane”という表現しています。Syn-Bioを得意とするAmyrisなので、発酵原料として、ブラジルのnon-GMO sugar cane(モラッセス?)を使って、発酵することでReb. Mを産生する菌を育種したのだろうと推定されます。かつ、組換え微生物を使用していても、最終的には、精製してReb Mとし、最終製品に入ってこないので、GMO-freeとしているので、sugarcane-derived zero-calorie ingredient、new non-GMO, natural, zero-calorie sweetenerと表現しているのではと考えられます。

何れにせよ、様々な企業から、Reb MやReb M+Dを、天然及び遺伝子組換え品で今年中に上市しようとしているのは確かかと思います。各社の製法特許関係がどうなっているのか整理してみる必要がありそうです(甘味ジテルペン配糖体の物質特許は、日本の守田化学が登録している様子)。また、遺伝子組換え手法を用いて製造、でも、GMO-freeとなる製品が、市場で、どのように受け止められるのか興味深いところです。