Nestle Japan:KitKat(5製品)の包装をorigami-friendly paperに変更

Nestle Japan:KitKat(5製品)の包装をorigami-friendly paperに変更

Nestle Japanが、2019年9月からKitKat(5製品)の包装をorigami-friendly paperにするとのこと。プラスチックを年間約380トン削減見込み。新しい紙パッケージを廃棄物として処分する代わりに、折り紙に折りたたんだり、メッセージを書くために使用できるとPR.

完全にリサイクル可能で、森林管理協議会(FSC)の認定。素材は高強度の紙で、雨や雪に強いとのこと。設備投資などのコストは上昇するが、持続可能な社会への投資。パッケージの交換は、2025年までに100%リサイクルまたは再利用可能なパッケージを作成するというNestleのビジョンの最初のステップ。目標は、リサイクルしやすい単一素材の開発。食品ロス対策として、残渣としてきたココアパルプを天然甘味料として使用したKitKat製品も発売済みとのこと。

 

■ Forest Stewardship Council (FSC):https://fsc.org/en

 

プラスチック問題に対して、2025年までに100%リサイクルまたは再利用可能なパッケージを開発することに注力しているNestle。”recycle paper packaging”技術を開発し、既に、Nesquickやsnack bar ‘YES!’などの一部の製品に適用していると聞きます。生産ラインでの耐久性や効率、輸送、保管での品質保証など確認しなければならないことが多いのではと思っておりましたが、Nestle日本の製品で使用とのこと。技術評価が進み、順調に推移しているのだろうと思われます。紙包装に変換することでのコスト高の程度や生産効率が知りたくなってしまいますが、プラスチック問題に対しての素早い対応で、まずは一歩を踏み出したと感じます。昨今の異常気象や災害による被害を考えますと、Sustainabilityということに真剣に向き合わなければならないと考える次第です。