「食品の味」は著作権保護の対象にならず

「食品の味」は著作権保護の対象にならず

EUの最高裁に当たる欧州司法裁判所(ECJ)が、食品製品の味は著作権保護の対象となる条件を満たさないとの判断を下したとのこと。

2007年、オランダのLevola社が、クリームチーズとハーブを混ぜた塗れるチーズ「Heksenkaas」を別名「witches’cheese(魔女のチーズ)」として開発・発売。その後、2014年にSmilde社という別のオランダ企業がHeksenkaasと似た材料で作った「Witte Wievenkaas」というチーズを「wise women’s cheese(魔女のチーズ)」という別名で販売開始。Levolaによると、Witte WievenkaasはHeksenkaasと同じ味だとして、Levolaは「wise women’s cheeseは著作権の侵害だ」としてSmildeを提訴。「食べ物の味は著作権で保護されるのか?」ということを巡って両者は係争。2018年11月13日に欧州司法裁判所は「味は著作権で保護できない」という結論を下したとのこと。著作権を主張するためには味が「作品」として分類できる必要があり。以下の2つの要件を満たさなければならないとのこと。

1:そのものがオリジナルの知的創作物であること
2:そのものに十分な正確さと客観性で識別可能な「表現」があること

基本的に食べ物の「味」は主観的なもの。味は、食べる人の年齢や好み、食習慣、食べる時の状況によって感じ方が異なるもので、2番目の要件を満たすことができない。また、2種類のチーズを食べた人が「似た味」「違う味」と別々の感想を述べたとしても、どちらが正しいかを測定するだけの判断基準も存在しない。よって、欧州司法裁判所は「食べ物の味について、1つの味が別のもう1つの味と異なると判別する正確かつ客観的な技術的手段は、現時点の科学では開発できない」として、Levolaの訴えを退ける結論となった模様。(GIGAZINE記事引用)

同じ材料や同じ調理・加工法によって作り上げられた食品でも、個々の食品で異なるものになっていくように思われます。分析で、それを証明することは、頑張ればできそうに思いますが、大変な労力と時間がかかりそう。でも、個々の食品の特徴を、何らかの形で保護したいと思います。如何に特許などで保護されたものにするか、知恵を絞った技術・素材の開発が必要だということでしょうか。