食品品質の発酵コラーゲンが登場するか?

食品品質の発酵コラーゲンが登場するか?

Geltor – a San Leandro-based start-up producing collagen proteins via microbial fermentation for the cosmetics industry – is gearing up for the 2020 launch of commercial quantities for the food industry after completing an $18.2m Series A round led by Cultivian Sandbox Ventures and supported by GELITA, ADM Ventures, Cavallo Ventures and Box Group.

コラーゲンを微生物発酵で製造するGeltor社が、2020年に食品品質の発酵コラーゲンを発売するため、$18.2mを調達とのこと。Geltorは、synthetic biology techniquesを活用して、 動物性コラーゲンとnature identical なコラーゲンの製造や、tailored nutritional and functional properties (eg. different stiffness or melting properties or amino acid profiles)を有するhighly customized proteinsの製造を目指して設立。 agar, pectin, starches, and gumsのようなvegan用ゼラチン代替はあるが、ゼラチンとは物性が異なる。cosmetics, confectionery, sports nutrition or other industriesでは、①(動物性コラーゲンで限られた範囲での製品開発をしてきたので、)highly customized proteinsの必要性。②動物由来成分の除去(ハラール、コーシャ―、BSE対応) ③持続可能な供給源の探索というニーズが存在。コラーゲンが、動物由来であることを知る消費者は31%程度。2020年までにGRAS認定を目指すとのこと。

BSE問題が大きく取り上げられて以来、動物性コラーゲンやゼラチンの使用が嫌われている。しかし、食品加工品、香粧品、医薬製剤などの製造において、コラーゲンやゼラチンの機能は必要なもので、同様な物性・機能を持った素材が求められている。①~③をクリアする素材ができてくると需要も大きいのではと考える。ただ、GMO-freeとしているが、発酵原料はGMO-freeだが、生産菌はGM技術を使っているということなら、消費者の受容性がどうなるのかを見極めたいところです。発酵ステビア(Reb. M、Reb. D)が市場に出てくる予定なので、それが、どの位浸透するかで判断できるのではと思います。

  • Geltor社: http://www.geltor.com/
    Geltor creates designer collagen and other high-value protein technologies that deliver unprecedented functionality and benefits.
    Geltor is bringing proteins like collagen into the 21st century with a combination of biology, protein optimization and fermentation.
    The Technology Behind Our Category-defining Animal-free, GMO-free Proteins
    Animal products are a thing of the past.