微粒子化タンパク質 : micronized pea and rice protein

微粒子化タンパク質 : micronized pea and rice protein

機能性食品素材サプライヤーであるHealy Groupが、micronized pea and rice protein ingredients(“PrimaPro”)を4月発売予定とのこと。a novel, “world-first” mechanical manufacturing process で製造された ultrafine protein powderであるとアナウンス。

plant-based diets, sports nutrition and high-protein beverages and snacks用のタンパク質素材(タンパク質 80%以上)。スポーツ栄養分野のタンパク質に関する技術革新が新製品開発を後押して成長。2017年、食品・飲料の新製品の5%以上がプロテインをクレーム。2013 – 2017年のCAGR 29%。動物由来と植物由来のタンパク質の両方ともアップ。PrimaPro micronized pea/rice proteinsは粒径は、D90(90%粒径)が 100 micron+の標準値のものから、25 micron未満の独自クラスまでに微粒子化されたMicronized proteins:微粒子化タンパク質。テスト販売では、a smoother, less gritty texture, improved particle suspension, cleaner flavor profiles and enhanced emulsification capacity、less bitterness、a more homogenous mixture and smoother textureとの評価。specialized mechanical milling processで微粒子化するが、protein content and amino acid profileは維持。PrimaPro シリーズ:基材として Pea, Rice and Pea and Rice blend from Pea Protein/Rice Protein Concentrateを含有。”PrimaFi”,  a micronized fiber productも開発中とのこと。

 

specialized mechanical milling processが、どのような工夫がなされた微粉砕機なのか不明であるが、a novel, “world-first” mechanical manufacturing process と謳っているので、どんな技術なのか知りたいところです。かつ、微粒子化粉末にすることによって、機能特性、食感、風味などが改質されている様子。pea and rice proteinの配合は、アミノ酸スコアを100に近づけるように配合比を設計していると思われ、タンパク質含量が80%以上としているので、タンパク質素材としては、味と機能特性が良ければ、かなり使えそうな印象を受けると思われました。

■ Healy Group:https://healy-group.com/

■ 今さら聞けない粒子径・粒度分布の基礎 【装置の基本構成・測定手順・メンテナンス】:

http://www.horiba.com/fileadmin/uploads/Scientific/Photos/PSA/Education/PSA2015-1.pdf

場製作所が作成した上記資料が、粒度や粒度計に関して簡潔に説明されていてわかりやすいと思いました。