「Acrylamide Toolbox 2019」(第15版)

「Acrylamide Toolbox 2019」(第15版)

FoodDrinkEurope(FDE)は、様々な食品中でのアクリルアミド生成やその低減に関する知識を集録した「Acrylamide Toolbox」(第15版)を発行してきた。2018年EUのアクリルアミド規制(製品中のアクリルアミド量の調査・削減を義務化した法律)施行に対応して、研究レベルから工業規模の食品加工までの新たな科学的および技術的知見を追記した最新版を発刊とのこと。

食品・飲料業界とEU各国当局間の15年以上の協力で、アクリルアミドの生成経路と曝露量を低減する介入ステップを検討するという業界の継続的な取り組みの成果物。コーヒーなど、特定の製品カテゴリーにおけるアクリルアミドの形成を防止および減少させる可能性があるさまざまな介入ステップが紹介されているとのこと。

■ Acrylamide Toolbox 2019 : https://www.fooddrinkeurope.eu/uploads/publications_documents/FoodDrinkEurope_Acrylamide_Toolbox_2019.pdf

■ 主たる変更点:

1. potato-based snacksとフライドポテト用のツールの徹底的な区別。
2. コーヒーとコーヒー代用品(主に穀物とチコリをベースにしたもの)を別カテゴリーとする。
3. 分析とサンプリングの方法の改訂。
4. 特定の食品中のアクリルアミドの分析方法に関する欧州委員会規則およびCEN標準化作業に基づいた分析要件。
5. 欧州委員会規則(EU)2017/2158を実行するためのガイダンス
6. 研究開発資源が限られている中小企業を含む個々の製造業者を支援する内容。

■ FoodDrinkEurope(FDE): https://www.fooddrinkeurope.eu/

 

成分と製法の関係で、アクリルアミド含有量が多くなりそうな製品カテゴリー毎に、アクリルアミドの低減方法についてレシピやプロセスでの留意点が記載されている。欧州に輸入されるものについても法律の対象になっており、アクリルアミドを低減するよう努めなければならない状況にて、参考になるツールだと思われる。米国でも、スターバックスが、アクリルアミド問題で訴訟となっているようなので、注意や配慮が必要と思われる。