発酵コハク酸

発酵コハク酸

6/24に、「バイオコハク酸」という標題で、下記ブログをアップ。2週間以上経つのに、どういう訳か、このブログだけ読んで頂けない状態が続いています。もしかしたら、「バイオコハク酸」という呼称に抵抗感があるのかと思い、「発酵コハク酸」に変更してみました。どうなるか楽しみです(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSMは、Roquette 社との合弁事業であるバイオコハク酸生産会社:Reverdia 社を解散し、生産工場などすべての権利をRoquette 社に受け渡すとのこと(2012年締結のコハク酸生産契約を解消)。Reverdia 社は、化学成分のコハク酸を初めてバイオ技術を用いて製造することに成功、大規模施設によってバイオコハク酸を商業生産する企業として、「Biosuccinium」を上市し、活動していた。

今後、DSM は独占ライセンス契約を結び、顧客の保護を図る。Reverdia はバイオコハク酸生産技術が持続可能で同市場において競争力があることを証明。Start-up段階を超え、さらに大きな成長を目指すための“Strategic shift”とのこと。カスタマーサービス、注文処理、マーケティング、販売の全事業をRoqutteに統合。現在もほてりや過敏性などの更年期障害に関連する症状を軽減するのに役立つと言われているサプリメント、食品、医薬品などの分野へ提供。最近では、皮膚科学やコスメ分野からの関心も高まっている模様。記事の後半は、DSMのStart-upsへの投資について記載されている。DSMは、skin microbiomeのS-Biomedic社(ベルギー)への投資に興味を示しているとのこと(Lactobacillus rhamnosus GG含有製品、Culturelleを含む)や、スマホアプリMixfit(遺伝子構成、食事、ライフスタイル、健康の目標)を活用したパーソナル栄養のIntelligent Nutrition Assistant (Mina)(ビタミンとミネラルのブレンドのカスタマイズされた混合物を含む飲料を提供するシステム)、アプリ活用と家庭に装備したディスペンサーでビタミン溶液を提供するTespo社、wearable, sensor, lab or health appsからdietary supplement brandsの有効性を測定するBiomarker Labs社など、50社以上への投資。母子栄養市場向けの世界で唯一のプレミックス製造施設建設の計画。BioCare社買収に伴い、microbiome-based事業を統合中とのこと。

■ S-Biomedic.:https://www.sbiomedic.com/
■ Culturelle: https://www.culturelle.com/
■ Gomixfit: https://gomixfit.com/
Mixfit’s connected countertop device, along with the Mixfit App, will change how you approach nutrition by using your personal daily data to deliver a nutrient-rich drink.
■ Tespo:https://gettespo.com/
The smartest way to take your vitamins.
■ Biomarker Labs: https://www.biomarkerlabs.com/
We build personalized nutrition platforms.
White-label solutions for forward-looking supplement brands
■ BioCare:https://www.biocare.co.uk/news/healthy-gut-healthy-you.html
Healthy Gut, Healthy You

 

発酵法で製造されるバイオコハク酸。実際の販売量が不明だが、それなりの規模になっていて、サプリメント、食品、医薬品などの分野へ提供が進んでいるとのこと。バイオコハク酸は、生分解性プラスチックの原料にもなると考えられるので、DSMが手放すのがやや不思議に感じる。記事後半にあるDSMの投資実績をみると、健康・栄養関係、特にパーソナル栄養やGut healthなどの健康事業に注力しようとしていて、選択と集中を行っているように見える。種まきをした多くのStart-upsを、どのように育成し、統合して、新しいビジネスモデルを構築していくのか注目したい。一方、バイオコハク酸事業を受け取るRoquette 社の方は、どのような絵を描いているのか想像がつかない。澱粉製品や植物タンパク質製品を主体にしている企業にみえるので、新たな柱を作ろうとしているのだろうか?こちらも、どのようなポートフォリオの会社にしようとしているのか興味深い。