DSMのパーソナル栄養

DSMのパーソナル栄養

DSMはデジタルヘルスプロバイダー“Panaceutics社”と提携。health and wellnessのための“affordable” productsの上市を目指すとの記事。

DSMは、Panaceutics社の Nutrition personalized productsをAmericas, Europe、Asiaで販売し、personalized nutrition fieldでのプレゼンス強化を図るとのこと。Panaceutics社は、digital health platformsと独自のrobotic technologyを組合せて、個々人のニーズと健康状態に合わせた製品(‘gel pack’)を迅速に製造する技術を保有。personalized therapies space で、data-driven personalization(データ駆動型パーソナライゼーション)のスケールアップを目指している。ヘルスケアの新領域として、personalized medicine and nutritionを製造・供給する“one-size-fits-all” approachを提供。Panaceuticsは、日々の習慣、ゲノミクス、バイオマーカーに関するデジタルデータを組み合わせて、費用対効果の高い個々人のための製剤を調整する技術(特許保有)に基づくon-demand robotic manufacturing platform を用いて、ready-to-consume, shelf-stable packaged productをorganic food purees or gel suspensionsとして調製し、供給。DSMは、栄養ビジネスを拡大するために、US$3.4 billionを確保し、栄養分野における戦略的な資金活用を図っている。venturing portfolioは、 nutrition sector, solar, 3D printing and the biomedical materials marketsとのこと。

■ Panaceutics :https://panaceutics.com/
Personalized Formulations Produced in Innovative Forms
Flavorful Gel and Puree Combinations of Same Actives

■ Mixfit:https://gomixfit.com/

 

ゲノミクス、バイオマーカーに関するデジタルデータなどをベースにして、個々人にあった栄養成分(の組み合わせ)を導き出し、適切なもの(サプリメントなど)を提案するシステムを提供するStart-upが散見されるようになってきていると感じる。Panaceutics の場合、ゲル状で個々人のデジタルデータに基づく製品を提供する様子である。パーソナル栄養は、個々人に必要なものの特定、提供形態、製造法、嗜好性、受発注システム、配送方法、効果検証等々、いろいろな要素が必要になってくると考える。従って、1社で全てを賄うことは難しいのではないだろうか?それぞれの分野でのエキスパートが参加して初めて成立するような分野のようにも思われる。大手のDSMとPanaceutics で、どこまで「パーソナル栄養」ビジネスを確立できるのか注目したい。