Allulose: FDA_no calories ・ no impact on blood sugarのため”added sugar”から除外

Allulose: FDA_no calories ・ no impact on blood sugarのため”added sugar”から除外

様々な甘味料の販売とアプリ提供を手掛けているIcon Foods社(甘味料専門ディストリビューター)のCEOが、各種甘味料の現状と今後について語っている記事。消費者が、砂糖代替甘味料に求める一番大きな要因は、natural or clean labelで、続いて glycemic indexとketo friendlyとのこと。Alluloseが、 ‘This is a true game changer’と評価。

■ Icon Foods社:http://iconfoods.com/
Icon Foods specializes in supplying the health food industry with natural alternatives to sugar.

Icon Foods社CEOによれば、今後成長が見込まれる甘味料は、以下の通り

■ Stevia:better-tasting steviol glycosidesが開発され、益々普及。Icon Foodsの最新製品RA99Mは、Reb AとReb Mの組合せ。Off-noteをマスク。大幅コストダウン、$450 /Kg.中国BioLotus社の抽出品にて、Natural。

■ Monk fruit :着実な伸び。伸びとともにコストも低下するも、まだSteviaよりも高価。stevia and monk fruitの組合せが、他のoff-noteをマスクするため一番人気。
■  Erythritol:依然としてstrong sellerで、(消費者が、sorbitol, mannitol を避けている間は)成長が見込まれる。Sugar alcohols continue to grow as fast as keto since they are the preferred keto sweeteners.
■ Coconut, agave, maple:sugar alternativesとなるnutritive sweeteners。
■■  Allulose: ‘This is a true game changer’: FDAが、no calories で no impact on blood sugarのため、”added sugar”と表記する必要がないとし、かつ、砂糖のような味と挙動を示すバルク甘味料。Icon Foods社の顧客が、ここ数カ月で、数千の新製品を発売予定。This is a true game changer in the sweetener category.
■ Eversweet (Cargill社製): 大幅なカロリー削減が可能。100%減糖には、発酵製造によるEverSweet(RebM+Reb D)を提供。スポーツ栄養市場向け飲料での関心大。歴史的に、高いタンパク質レベルによるoff-flavorsをマスクするために使われてきた砂糖に代わる効果と味。
■ Palatinose(Beneo社製): 米国で 40製品以上に使用。(血糖値に影響しない)‘slow carb’ isomaltuloseとして成長継続。chicory root fibersとしてしられていたが、ショ糖の酵素転位で製造。

 

Alluloseを true game changerとしたのは、FDAが、no calories で no impact on blood sugarであるという最近のデータを基に、”added sugar”と表記する必要がないとの判断を下したためと思われる。

FDAが、“Allulose”(日本では「希少糖」とアナウンス?)をNutrition and Supplement Facts labels(パッケージに記載されている栄養表示)のtotal and added sugarsから除外すると発表。最新データでは、alluloseは他の糖類とは異なり、ほとんどカロリーがなく(95 percent fewer calories than sucrose)、血糖値やインシュリンレベルの上昇はごくわずかで、虫歯を助長することはないと判明したので、 ‘total sugars’ or ‘added sugars’に入れなくて良いと判断したとのこと。このルール発表を、Alluloseの大手サプライヤのTate&Lyle(DOLCIA PRIMA alluloseを生産)とIngredion(松谷化学と提携。Ingredion社がメキシコでASTRAEA Alluloseを製造し、それを南北アメリカ全体に販売する予定)が歓迎しているとの記事(FDAの2016 Nutrition Factsラベルルールでは、alluloseの量は、Nutrition and Supplement Factsラベルに表示されている総炭水化物、総糖、および追加糖の量にカウントされる必要があった)。糖尿病などの病状を管理するsugar free segment(米国人口の13%)には、clean sweet taste and indulgence(甘味)を提供できる低カロリー甘味料に対する関心は大。Alluloseは、このセグメントの要望に響くだろうとのこと。

 

砂糖や炭水化物を連想させる「総炭水化物、総糖、添加した糖」といったパッケージ記載項目に量を記載していたのが、記載する必要のない量となるのは、確かに大きなこと。製造者としては、砂糖のような味と挙動を示すバルク甘味料ということであると、使いたくなると思われます。Icon Foods社の顧客が、ここ数カ月で、数千の新製品に採用しようとスタンバイしているというのも、頷ける気がします。”This is a true game changer in the sweetener category.”とするのも、尤もなこと。本当に、そのような伸びとなるのか注目です。