Givaudan : UC Berkeleyと共同で有望な植物タンパク質を評価・選定

Givaudan : UC Berkeleyと共同で有望な植物タンパク質を評価・選定

2017年に開始したGivaudanとUC BerkeleyのPlant proteinsに関する研究の成果に関する記。

Givaudanが、食品業界、特に栄養飲料の分野でgame-changerとなるthe top six new up-and-coming plant-based proteinsを特定。UC BerkeleyのProduct Development Programmeとの共同で2017年に開始した研究プロジェクトの結果から、oats, mung beans, garbanzo beans, lentils, flax、sunflower seeds由来の6種タンパク質と選定。研究は、栄養飲料に適するalternative proteinsを選定するため、44種類のタンパク質飲料製品と42種類のユニークな植物タンパク質を用いてマッピングを開始。commercial viability, protein content, sustainability, allergenicity, flavor and color、nutritional factorsなどを評価項目としてプロファイリング。game-changerとなる可能性のある6種の植物タンパク質を選定。UC Berkeley研究のレポートは、6つのタンパク質源それぞれに関する詳細な情報を提供し、これらのタンパク質が供給、栄養価、使用を加速する要因、タンパク質抽出プロセス、コスト、環境影響などの多くの基準に対してどのように評価されるかを分析。動物タンパク質に比べて、タンパク質生産の土地および水の影響が少なく、Sustanabilityに大きく寄与と評価。将来的に世界中で高品質のタンパク質の摂取と栄養を可能にするのに重要な情報とのこと。また、6/20には、G社は、six plant-based proteins (soy, pea, faba, rice, oat, algae and whey)で発生するoff-notesの包括的なmasking solutionsも発表。alternative proteins を活用する際、functionality, texture, taste, nutrition and costのバランスを取るには、食品または飲料製品中のすべての成分の相互作用を完全に理解しなければならないとのこと(今回の結果の重要性を強調)。Vegan市場は、引き続き好調な成長。Just社のvegan mung bean-based “eggs”(Just Egg)、Parabel USAのwater lentilsから成る乳代替(特許出願済み ) など、世界中で急成長。乳代替は、米国牛乳総売上高の15%。今後数年間で2桁成長と予測。Global Plant Protein marketでは、2021年までCAGR8%で成長すると、$13.7 billion。57%の消費者が求めていて、2018年は売上高92%増を記録しているとのこと。

■ Parabel USA:https://parabel.com/

■ off-notesマスクに関する記事↓

 

Sastainabilityの観点から、植物タンパク質の活用が注目されている状況。少なくとも10種類以上のPlant proteinsに関する基礎特性と加工適性などに関する情報を蓄積したものと思われる。収穫量やタンパク質素材としての生産量なども含めて、情報開示されるにしたがって、世界的範囲で活用するのに最適な植物タンパク質資源が定まっていくことを期待する。