DouxMatok社: “sugar with sugar”で減糖する方法(SiO2のナノサイズ粒子にショ糖をコーティングした甘味料)

DouxMatok社: “sugar with sugar”で減糖する方法(SiO2のナノサイズ粒子にショ糖をコーティングした甘味料)

イスラエルのfood-tech company DouxMatok社が、“sugar with sugar”で減糖する方法(SiO2のナノサイズ粒子にショ糖をコーティングした甘味料)でUS$22 million獲得とのこと。sweet taste receptorに効率的に砂糖を供給することで、taste, mouthfeel or textureに影響せずに、より少ない砂糖量で40%減糖とする技術。

DouxMatok社は、series B funding round投資で得た資金を、様々なflavor profilesに対する技術の適用性を図るための“breakthrough technological platform”を開発し、世界規模で展開するのに活用するとのこと。DouxMatok社の5つの柱:①欧米の減糖新製品開発のためのsugars available提供のための早期スケールアップ。②食品開発支援/scalable recipe re-balancing servicesの提供。それに伴う、新食品用途における専門知識の向上と最先端のアプリケーションラボの構築。③減糖の最適化に関するR&D推進により、主要な消費者のニーズに対応した製品拡大。④新しいマーケティングキャンペーンの開始。⑤塩など他のフレーバープロファイルへの独自のフレーバーデリバリー技術の適用とのこと。減糖ソリューションの提供は、消費者にとって重要事項であるばかりでなく、食品企業にはworld’s top-selling productsの創出につながると主張。この資金調達ラウンドには、欧州最大の製糖メーカ-SüdzuckerAG、DSM、タイ食品・飲料コングロマリットSingha CorporationのコーポレートベンチャーファンドであるSingha Venturesなどが参加。DouxMatok’s technologyは、20件の特許で守られていて、DouxMatok sugarsを活用して製造した食品は、(40%減糖としても元と)同等の甘味度と、blind tastingsで好まれることが多いとのこと。削減した砂糖分をnutritional fibers and/or proteinsで置換(or栄養補完)するレシピで調整も可。DouxMatok sugars は、SüdzuckerAGと共同製造し、2019年Q4に商業的に利用可となる予定。複数の食品メーカーとコラボして製品開発中(Reading大と欧州食品企業とのEuropean Institute of Innovation and Technology based projects)。この減糖技術を、塩を含むfurther ingredients and flavorsにも拡張予定とのこと。

■ DouxMatok :http://www.douxmatok.com/

 “We’ve successfully completed butter biscuits and white cake during European Institute of Innovation and Technology based projects with several leading European companies and Reading University,”
 The sugar is DouxMatok’s first product developed under its proprietary efficient flavor delivery platform, and the company intends to expand the platform to include further ingredients and flavors, including salt.

 

Nestleは、中空構造を呈するショ糖(肉厚のピンポン玉のような構造の砂糖というイメージか?)を特許化し、製品にも活用し始めている。DouxMatok sugarはSiO2のナノサイズ粒子にショ糖をコーティングした甘味料と聞く。例えは悪いが、「下駄を履かせた砂糖」というイメージの製品。同様の手法で、減塩や減脂を図る製品を作成することもできると想像される。固形製品に練り混んだ場合は、思惑通り、taste, mouthfeel or textureに影響せずに減糖製品を製造できそうに思う。液体や、加工・製造に際して、一旦溶かすような作業が入る場合も、同等の機能を発揮できるのかがポイントになりそう。特許を詳細に読み込んでみる価値はあるのではと思う。