食品品質の発酵コラーゲンが登場するか?

Geltor – a San Leandro-based start-up producing collagen proteins via microbial fermentation for the cosmetics industry – is gearing up for the 2020 launch of commercial quantities for the food industry after completing an $18.2m Series A round led by Cultivian Sandbox Ventures and supported by GELITA, ADM Ventures, Cavallo Ventures and Box Group.

コラーゲンを微生物発酵で製造するGeltor社が、2020年に食品品質の発酵コラーゲンを発売するため、$18.2mを調達とのこと。Geltorは、synthetic biology techniquesを活用して、 動物性コラーゲンとnature identical なコラーゲンの製造や、tailored nutritional and functional properties (eg. different stiffness or melting properties or amino acid profiles)を有するhighly customized proteinsの製造を目指して設立。 agar, pectin, starches, and gumsのようなvegan用ゼラチン代替はあるが、ゼラチンとは物性が異なる。cosmetics, confectionery, sports nutrition or other industriesでは、①(動物性コラーゲンで限られた範囲での製品開発をしてきたので、)highly customized proteinsの必要性。②動物由来成分の除去(ハラール、コーシャ―、BSE対応) ③持続可能な供給源の探索というニーズが存在。コラーゲンが、動物由来であることを知る消費者は31%程度。2020年までにGRAS認定を目指すとのこと。

BSE問題が大きく取り上げられて以来、動物性コラーゲンやゼラチンの使用が嫌われている。しかし、食品加工品、香粧品、医薬製剤などの製造において、コラーゲンやゼラチンの機能は必要なもので、同様な物性・機能を持った素材が求められている。①~③をクリアする素材ができてくると需要も大きいのではと考える。ただ、GMO-freeとしているが、発酵原料はGMO-freeだが、生産菌はGM技術を使っているということなら、消費者の受容性がどうなるのかを見極めたいところです。発酵ステビア(Reb. M、Reb. D)が市場に出てくる予定なので、それが、どの位浸透するかで判断できるのではと思います。

  • Geltor社: http://www.geltor.com/
    Geltor creates designer collagen and other high-value protein technologies that deliver unprecedented functionality and benefits.
    Geltor is bringing proteins like collagen into the 21st century with a combination of biology, protein optimization and fermentation.
    The Technology Behind Our Category-defining Animal-free, GMO-free Proteins
    Animal products are a thing of the past.

 

 

 

 

 

 

 

「食品の味」は著作権保護の対象にならず

EUの最高裁に当たる欧州司法裁判所(ECJ)が、食品製品の味は著作権保護の対象となる条件を満たさないとの判断を下したとのこと。

2007年、オランダのLevola社が、クリームチーズとハーブを混ぜた塗れるチーズ「Heksenkaas」を別名「witches’cheese(魔女のチーズ)」として開発・発売。その後、2014年にSmilde社という別のオランダ企業がHeksenkaasと似た材料で作った「Witte Wievenkaas」というチーズを「wise women’s cheese(魔女のチーズ)」という別名で販売開始。Levolaによると、Witte WievenkaasはHeksenkaasと同じ味だとして、Levolaは「wise women’s cheeseは著作権の侵害だ」としてSmildeを提訴。「食べ物の味は著作権で保護されるのか?」ということを巡って両者は係争。2018年11月13日に欧州司法裁判所は「味は著作権で保護できない」という結論を下したとのこと。著作権を主張するためには味が「作品」として分類できる必要があり。以下の2つの要件を満たさなければならないとのこと。

1:そのものがオリジナルの知的創作物であること
2:そのものに十分な正確さと客観性で識別可能な「表現」があること

基本的に食べ物の「味」は主観的なもの。味は、食べる人の年齢や好み、食習慣、食べる時の状況によって感じ方が異なるもので、2番目の要件を満たすことができない。また、2種類のチーズを食べた人が「似た味」「違う味」と別々の感想を述べたとしても、どちらが正しいかを測定するだけの判断基準も存在しない。よって、欧州司法裁判所は「食べ物の味について、1つの味が別のもう1つの味と異なると判別する正確かつ客観的な技術的手段は、現時点の科学では開発できない」として、Levolaの訴えを退ける結論となった模様。(GIGAZINE記事引用)

同じ材料や同じ調理・加工法によって作り上げられた食品でも、個々の食品で異なるものになっていくように思われます。分析で、それを証明することは、頑張ればできそうに思いますが、大変な労力と時間がかかりそう。でも、個々の食品の特徴を、何らかの形で保護したいと思います。如何に特許などで保護されたものにするか、知恵を絞った技術・素材の開発が必要だということでしょうか。

 

 

 

 

 

Impossible Foods社:”Impossible Burger”を米国grocery storesで販売へ

Plant-based Impossible Burger to launch in retail stores in 2019
Foodnavigator-USA 08-Nov-2018 at 19:18 By Elaine Watson

In response to “overwhelming demand from consumers,” Impossible Foods has confirmed plans to sell its plant-based Impossible Burger in US grocery stores next year, although it is not sharing details of the scope of the launch, pricing, merchandising tactics, or the names of potential retail partners.

 

大豆などの植物タンパク質から肉様の味・香り・食感を持ったplant-based meat(”Impossible Burger”)を製造・販売しているImpossible Foods社が、消費者の圧倒的な要望に応えて、2019年に米国のgrocery stores で、“Impossible Burger” を発売予定とのこと。ソーシャルメディアのファンからの一番の要望は、‘When will I be able to buy and cook the Impossible Burger at home?’で、plant-based meatを調理してみたいとの願い。これまで米国5,000店舗超 のレストラン (White Castle から Fatburgerまで)と、香港・マカオの 100店舗のレストランに”Impossible Burger”を供給。 Redwood CityからOakland production facilityに生産拠点を移し年末までに生産量を倍にし、taste, nutrition and valueで、動物の肉を凌駕することを目指すとのこと。meat-eating consumersのブラインドテストで、半数はは“Impossible Burger”を好ましいとしたとのこと(5年前の評価は、10%以下)。”the most destructive technology on Earth.“(Dr Brown談, a Stanford biochemist and genomics expertでImpossible Foods CEO)。動物由来食品の需要は急増している。屠殺は好ましくないから、代わりに豆や豆腐を食べよとは言わない。非効率的な動物ベースの技術による肉よりもおいしくて栄養価が高く持続可能な”肉“を作ればよいとの主張。大きな喜びと価値をもたらし、それを消費者に選択肢として提供する。市場の需要(判断)に任せればよいとのこと。

Impossible Foodsの技術ポイント(上記URLの記事より)
■ At Impossible Foods, the key components of meat have been identified, characterized and sourced from plants such as soy, wheat and potatoes, and processed using high-moisture extrusion and other techniques in order to meet precise functional, taste and textural criteria.
■ The secret sauce is ‘heme’, a molecule that’s “super abundant” in animal muscle. This is sourced from leghemoglobin, a protein found in nodules attached to the roots of nitrogen-fixing plants such as soy that is similar to myoglobin and hemoglobin (which make blood look red).
■ Impossible Foods is producing it via a genetically engineered yeast he DNA of which has been retooled to produce leghemoglobin.
■ Impossible Burger ingredients list: Water, Textured Wheat Protein, Coconut Oil, Potato Protein, Natural Flavors, 2% or less of: Leghemoglobin (soy), Yeast Extract, Salt, Soy Protein Isolate, Konjac Gum, Xanthan Gum, Thiamin (Vitamin B1), Zinc, Niacin, Vitamin B6, Riboflavin (Vitamin B2), Vitamin B12.

 

grocery storesで販売されるようになると表示が必要ではないかと思います。genetically engineered yeastで発現したレグヘモグロビンに対する消費者の受けとめ方がどうなるのか注目したいところ。CEOのDr Brownが主張しているように、消費者が選択すること。leghemoglobinについては、優秀な生化学者らしい論法で、Self-GRASを取得。FDAから、異議なしの見解を引き出している様子。植物からの摂取が難しいVit. B12などは、微生物生産している。ベジタリアンは、微生物や遺伝子組換えに関して寛容であると思われるので、問題なく受け入れられるのではと思われます。。以下のURLの記事で、leghemoglobinとそのGRAS認定について知ることができるかと思います。

■ Inside the lab where Impossible Foods makes its plant-based “blood”
Fast Company 2018/11/12

 

■ FDA backs Impossible Foods’ “magic ingredient”
Foodingredientsfirst 31-Jul-2018

Impossible Foods has received a no-questions letter from the US Food and Drug Administration (FDA).

 

CargillとDSMが、発酵ステビア配糖体でjoint venture設立

CargillとDSMが、new sweetness joint venture “Avansya”社(50-50 partnership)を2019年Q1に立ち上げ予定であると報じられています。両社は、ともに、highly sought-after, sweet-tasting molecules, such as steviol glycosides Reb M and Reb D の発酵生産で、抽出物と同等かそれ以上の量とコストで供給可能となるよう検討してきた。両社技術を融合し、発酵ステビア配糖体を”EverSweet”(Cargellが使ってきたブランド名)というブランド名でで上市する予定とのこと。2019年夏、Blair, Nebraska (US) siteの新しい発酵施設で生産し、non-artificial, zero-calorie, great-tasting sweetener optionsの提供開始する見込み。Joint ventureは、発酵ステビア配糖体(Reb. M及びD)に限定。DSMは、発酵などバイオテクノロジーに関する技術、Cargillは、甘味料市場での実績とアプリケーション開発、原料供給など、互いの強みを組み合わせるとのこと。社名は、DSMがReb.Mのブランド名として使っていた’Avansya’、ブランド名はCargillが使っていた’EverSweet’とするなど、50:50のJoint ventureであることを感じさせる配慮がなされているように思います。

Sweetness joint venture: Cargill and DSM partner to establish Avansya
Foodingredientsfirst 08-Nov-2018

同じ製品を同じような手法で開発し、競合とみなされてきた両社が、上市という段階でJVを設立することにしたのは、かなり思い切った提携に思えます。。天然であることを強調して抽出および酵素変換で味質の良いステビア配糖体を製造するグループや、Amyrisの発酵Reb M参戦の話題などがある中で、戦略的で利口なやり方と感じます。こんな大胆なことをする本音の部分を聞いて見たい気がします。

‘A match made in heaven’: Cargill and DSM team up to bring fermentation-based sweeteners to market
Foodnavigator 08-Nov-2018 at 18:46 By Elaine Watson


Cargill and DSM – who have both independently developed steviol glycosides via microbial fermentation – are now teaming up in a bid to accelerate their development under the Eversweet brand.

上記の記事では、製造法について、若干ふれています。genetically engineered baker’s yeastを用いた発酵生産とのこと。ステビア葉からの抽出で製造するPure-Circle社などから、Do consumers think stevia that’s not from the leaf is ‘natural’?という趣旨の問いかけがなされている様子。今後、発酵ステビア配糖体のロビー活動(genetically engineered bakers yeastを用いた製造法)や、それに対する消費者のperceptionがどのような動きになるのか、注目されるところです。その結果によって、食品領域でのバイオテクノロジーの活用が加速されるのか、現状維持なのかが決まるように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

KClの表示を塩化カリウム(’potassium chloride’)からカリウム塩(’potassium salt’)への表示名変更要請活動

WHOは、血圧降下と心疾患リスク軽減のため、カリウム摂取量を上げるように、下記Websiteで呼びかけている。成人でカリウム3510mg/dayを取るようにとのこと。

Increasing potassium intake to reduce blood pressure and risk of cardiovascular diseases in adults

http://www.who.int/elena/titles/potassium_cvd_adults/en/

WHO recommendations
WHO recommends an increase in potassium intake from food to reduce blood pressure and risk of cardiovascular disease, stroke and coronary heart disease in adults.
WHO suggests a potassium intake of at least 90 mmol/day (3510 mg/day) for adults.

Campbell Soup backs ‘potassium salt’ petition: A more consumer-friendly name will ‘advance public health goals’
Foodnavigator 05-Jan-2017 By Elaine Watson


Campbell Soup has joined a growing number of food manufacturers backing a citizen’s petition from NuTek Food Science asking the FDA to allow ‘potassium salt’ as an alternate name for potassium chloride on food labels.

 

このような動きに対して、KClサプライヤーのNuTek Food Scienceは、KClの課題である苦味、金属味、えぐ味などと表現される後味を抑制する技術を開発し、特許出願している。このNuTek社が中心になって、’potasium cloride'(塩化カリウム)の食品表示を’potasium salt'(カリウム塩)にするのが良いとする請願活動が行われているとのこと(上記記事参照)。減塩とカリウム摂取量アップを図るために、’pottasium cloride'(塩化カリウム)だと消費者には’chemical sound’としてとらえられる。NuTek社とCampbell社が共同で調査をしたところ、’potasium salt'(カリウム塩)とした方が、好意的に受け入れられるとの結果になったとのことで、’potasium salt'(カリウム塩)への表示名変更活動を推進していた。

NuTek Food Science:http://www.nu-tekproducts.com/category/nu-tek-food-science/
フレーバーマスキング成分を添加せずカリウムの金属味を抑えるプロセス技術を保有

さらに、下記記事によると、

Nestlé, Unilever & suppliers push EU for potassium chloride label change
Foodnavigator 21-Sep-2018 at 14:25 By Niamh Michail

Manufacturers should be able to label potassium chloride, used to reduce sodium levels in food, with more consumer-friendly names such as potassium salt, argues a joint position paper.

 

EU加盟国5カ国2,400人以上の消費者調査結果をまとめたposition paperによると、”potassium chloride”という言葉は、 ‘chemical-sounding’とのこと。加盟国は、製造業者が塩分削減ツールとして使用する場合、調査でより高い受容率を示し、より適切であると思われている‘potassium salt’, ‘mineral salt (potassium)’、‘potassium mineral salt’といった名称にするようEUに要請。Nestlé and Unilever as well as several trade groups: bakery association AIBI; processed meat association, Clitravi; and Culinaria Europeが署名しているposition paperとのこと。KClサプライヤーのNuTek Food Science とJungbunzlauerも署名。EU内でカリウム塩の表示問題を正式に開始するよう欧州委員会に提出。名称変更で、欧州食品業界の継続的なナトリウム削減努力が可能になると同時に、カリウム摂取量の増加に関する世界保健機関(WHO)の勧告を支持することになるとしている。「どの表示用語が国の規制と解釈の文脈において最も適切かを決定するのは、製品のポジショニングと関連するターゲット消費者に基づいて、食品事業者が判断するべきとの主張。例として、“Ascorbic acid used as food additive is labelled as ‘antioxidant ascorbic acid’ [but] when used as a Vitamin it is labelled as ‘Vitamin C’. Beta-carotene used as a food additive is labelled ‘colour beta-carotene’ [but] when used as a vitamin it is labelled as ‘pro-vitamin A’.” ( カリウムの栄養基準値は2000mg。 EFSA:KClサプリメント 3g/日の長期投与で健康人には影響なし。腎機能障害または慢性腎疾患(CKD)患者は、カリウム摂取量を監視し、制限する必要あり。)

表示名変更のロビー活動が活発化する中、Nestlé, Unileverも加わって本格化してきた感があります。どのような表示かで、受け止められ方が定着化し、イメージが出来上がってしまうと、例え、それが有用なもの、必要なものであっても、拒絶されてしまうことが多々あるので、誤解ない範囲で受け入れやすい表現(表示)に変えることは良いことのように受け止めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amyris:sugarcane-derived zero-calorie ingredientでASRと契約締結

Amyrisが、GRAS statusを取得したとされるsugarcane-derived zero-calorie ingredientについて、ASR(American Sugar Refining) Groupとmajor supply and distribution dealを締結して、このnew non-GMO, natural, zero-calorie sweetenerを販売することを下記記事が伝えています。ASRは、米国、カナダ、メキシコに6つの精糖工場を所有・運営するthe world’s largest sugar cane refiner。significant volumeを保証する長期供給契約。Amyrisはブラジルでこの甘味料を製造。By making plant-based products using safe and sustainable ingredients, Amyris is continuing to disrupt markets. (DSMは、Amris株を20%保有)

Zero-calorie sweetener: Amyris inks major supply deal with ASR
Foodingredientsfirst 04-Oct-2018

ASR(American Sugar Refining) Group : https://www.asr-group.com/

Amyrisは、12月までに詳細発表するとしていますが、”sugarcane-derived zero-calorie ingredient”とは、どんな構造をしているのか、興味津々でネットサーフィンしてみると、Amyris自身が作成した文書の中に以下の記載があります。

  • In the second quarter of 2018, we successfully demonstrated our industrial process at full scale to produce a high-purity, zero calorie, natural sweetener from sugar cane. The molecule we are producing from sugar cane, Reb M.
  • The Reb M we produce from sugar cane is more sustainable, lower cost and has a specific technical profile that is advantaged in taste and total process economics for blends and formulations.
  • Our FDA Generally Regarded As Safe (GRAS) filing has been initiated and we will have commercial quantities of product produced at the Brotas facility by the end of the year.

従って、モノはStevia葉の甘味ジテルペン配糖体の中で、味質が良いとされているReb Mで、“Reb M we produce from sugar cane”という表現しています。Syn-Bioを得意とするAmyrisなので、発酵原料として、ブラジルのnon-GMO sugar cane(モラッセス?)を使って、発酵することでReb. Mを産生する菌を育種したのだろうと推定されます。かつ、組換え微生物を使用していても、最終的には、精製してReb Mとし、最終製品に入ってこないので、GMO-freeとしているので、sugarcane-derived zero-calorie ingredient、new non-GMO, natural, zero-calorie sweetenerと表現しているのではと考えられます。

何れにせよ、様々な企業から、Reb MやReb M+Dを、天然及び遺伝子組換え品で今年中に上市しようとしているのは確かかと思います。各社の製法特許関係がどうなっているのか整理してみる必要がありそうです(甘味ジテルペン配糖体の物質特許は、日本の守田化学が登録している様子)。また、遺伝子組換え手法を用いて製造、でも、GMO-freeとなる製品が、市場で、どのように受け止められるのか興味深いところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Firmenich-Layn 天然甘味料素材で提携

Firmenichは、広範な天然甘味料ポートフォリオ(portfolio of monk fruit, stevia extracts and other functional botanicals)を有する中国のLayn社との提携を発表。

Layn-Firmenich partnership will expand distribution, boost sweetener formulation expertise
Foodnavigtor 17-Sep-2018 at 09:00 By Stephen Daniells

 

Layn社は、Firmenichthe best formulation expertiseを活用して天然甘味料をグローバルに展開することを目指す。一方、Firmenichは、業界で最も幅広い天然甘味料製品にアクセスできることになり、Laynとの提携は、game-changing partnershipであるとのこと。Firmenichは、Laynの天然甘味料素材をtaste modulation technologies flavorsを組合せて、砂糖のような甘味プロファイルと食感を実現する“integrated taste solutions”を開発して行くとのこと。

Layn社:https://layncorp.com/
Layn is a global leader in the vertically integrated production of premium-quality, plant-based sweeteners, flavors and botanicals.

 

Clean labelNaturalトレンドの影響で、低カロリーの天然由来高甘味度甘味料が求められており、天然甘味料Steviaの新製品での採用率が増加していると聞く。また、課題であったsteviaの後味も、味質の良いStevia 成分であるReb. MDの含量が高い製品が今年(2018年)には出てくる見込みと聞く。Firmenichは、天然甘味料の広範な製品群をもつLayn社と提携することによって、天然甘味料領域で、かなり大きな存在になると思われる。さらに、モンクフルーツ中の高甘味度甘味成分”Siratose”の開発を行っているSemomyx社との買収合意に達したことも同時期発表しており、天然甘味料の開発競争を優位に運ぼうとしているように思えます。、

 

 

 

F&F 大手Firmenichによる味覚受容体技術を持つSenomyx社の買収

2000年にうま味成分であるグルタミン酸の受容体(mGluR4)や苦味受容体が味蕾にあることが発見されたことに端を発して、味覚に関連した受容体が次々に発見され、呈味物質の受容機構も明らかになって行った。このような知見を活用して、味覚受容体に結合する物質をスクリーニングすることによって、新規な呈味物質やエンハンサーを探索する手法を開発。うま味物質や甘味料、甘味増強物質などを上市しようとしたのが米国サンディエゴのSenomyx社である。このSenomyx社を、Flavor & Fragranceの大手であるFirmenich社が買収することで両社合意に達したとのニュースが話題を呼んでいる。

Firmenich to acquire flavor developer Senomyx
Food Business News 17-Sep-2018

$1.5/株(Senomyx発行株 48,338,277株)、43%プレミアでの取得。10年以上にわたるパートナーシップ関係があり、一緒になって、taste and nutritionをリードして行くとのこと。。サンディエゴに拠点を置くSenomyx社は、Firmenichの北米の研究開発組織に統合。Senomyxの research and development operationsは、サンディエゴに残る予定。Senomyx社は、最近、羅漢果由来の高甘味度成分”Siratose”の開発を進めている。

 

Layn-Firmenich partnership will expand distribution, boost sweetener formulation expertise
Foodnavigtor 17-Sep-2018 at 09:00 By Stephen Daniells

他方、Firmenichは、広範な天然甘味料ポートフォリオ(portfolio of monk fruit, stevia extracts and other functional botanicals)を有する中国のLayn社との提携も発表。Firmenichのthe best formulation expertiseを活用して天然甘味料をグローバルに展開することを目指すとのこと。Firmenichにとっては、業界で最も幅広い天然甘味料製品にアクセスできることになり、Laynとの提携は、game-changing partnershipであるとしている。Firmenichは、Laynの天然甘味料素材をtaste modulation technologies と flavorsを組合せて、砂糖のような甘味プロファイルと食感を実現する“integrated taste solutions”を開発して行くとの報道が同時期なされている。

Clean labelやNaturalトレンドの影響で、低カロリーの天然由来高甘味度甘味料が求められており、天然甘味料Steviaの新製品での採用率が増加していると聞く。また、課題であった後味も、味質の良いStevia 成分であるReb. MやDが開発されている。Firmenichは、Senomyx社の買収と、天然甘味料の広範な製品群をもつLayn社と提携することによって、天然甘味料領域で、かなり大きな存在になると思われる。従来のflavor製品との組合せによるソリューション提案も、さらに充実してくるのではと思えます。天然甘味料の開発競争とシェア争いがどうなるのか注目したいところです。

 

 

 

 

 

Future Food-Tech 2018: 有望なStart-up 13社

Future Food-Tech Summitは、international innovation and investment summitのことで、ロンドン、サンフランシスコ、ニューヨークで毎年開催される。新鮮な発想、新しいソリューション、食品の未来を変える企業間の潜在的なパートナーを求めている投資家や世界の食品企業に不可欠なイベントになっているとのこと。2018年は、ロンドンで開催予定(10/18-19)で、世界の食品業界が直面する重大な問題に対処する技術の活用に焦点を当てたイベントになるとのこと。これに先立って、技術革新をもたらしていると注目されている国際的なStart-ups13社をノミネートしたことを発表。
下記記事に13社が紹介されています。

Start-ups in the spotlight: “Breakthrough” innovation nominees for Future Food-Tech 2018
Foodingredientsfirst 11-Sep-2018

 

■ 選出された13 Start-ups (各社のURLも記載)
•Amai Proteins(イスラエル):


thaumatin (E957)を始めとする甘味タンパク質設計。healthy (zero calories, zero glycaemic-index), widely-food-compatible, cost-effective, non-GMO and taste like sugar。thaumatin, brazzein, monellin, mabinlin, miraculin, curculin などの甘味タンパク質と、砂糖やステビアとのコンビネーションで味質の向上も図る。

 

•Triton Algae Innovations(米国):

人間の栄養改善を図る栄養価の高い微細藻類粉末(chlamydomonas reinhardtii)。scalable and sustainable manufacturing processを開発(独自の低コスト生産手法)。藻類を原料とする独自のバイオテクノロジーツール。colostrum proteins (初乳タンパク質、免疫タンパク質) やheme-binding proteins(meat analog用)も開発中。

 

•Nutrition Innovation(シンガポール):


healthier, less refined, industrial low GI sugar as a replacementとなる砂糖代替の開発。天然成分に由来する甘味料技術の開発。ブランド名:Nucane。複数の特許。healthier sweetening solutionsも提供。既に、国内とブラジルとオーストラリア向けに生産、販売、消費。

 

 

•Alkinnov(フランス):


高甘味度タンパク質、スーパーフード、フレーバー、その他の天然添加物で栄養市場に革命を起こすことを目指す。eco-friendly and GMO-free robotized process of plant biostimulation.

 

•Ambrosus(エストニア):


食品、医薬品企業向けのブロックチェーンを活用したIoTネットワーク。サプライチェーンの可視性と品質保証を最適化。

 

・Astrona(US):


easy-to-use, hand-held pathogen detection device。特許取得済みの病原菌のRNAを検出技術。培養工程なしで細菌、ウイルスおよび菌類の検出可。

 

• BluWrap(米国):


品質を損なうことなくサケや豚肉などの新鮮なタンパク質のshelf lifeを大幅に延長する技術。

 

• Chefling(米国):


在庫管理、直感的なレシピ提案、ショッピングリスト管理、音声アシスタントをシームレスに統合するAIプラットフォーム。究極のsmart kitchen solutionの提供。家庭での調理経験を簡素化。

 

• Ederna(フランス):


独自の低温液体濃縮技術で、濃厚な風味のコールドブルーコーヒースーパー濃縮剤COFFEOSを製造。

 

• FlavorWiki(スイス):


食品や飲料業界向けに設計されたユニークなconsumer insights and data management solution。バリューチェーン全体で、デジタル技術と数学的アルゴリズムを組み合わせて、実行可能なconsumer insightsを予測するアプリ。

 

• Savormetrics(カナダ):


独自のセンシング技術。食品から生化学的および生物物理学的データを抽出。データはAIモジュールに送られ、feature engineering and machine learning で、在庫予測、収穫時期、有害化学物質の検出、品質プロファイリング、味プロファイリングなどを提供

 

• Startchy(レバノン):


shelf life延長を目的にしたstarch-based bio-plastic coating for fruits and vegetable

 

• Veg of Lund(スウェーデン):


ジャガイモと菜種油をベースにした特許取得済みの耐熱エマルジョン。 plant-based liquid food solutionsの提供。

 

どのStart-upも、最近の食品業界で話題になっている課題に対するソリューションを提供しようとしている企業で、注目度大であると思う。今後、どのように事業展開して行くのか注目していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネーミングの行方:”Cultured meat” or “Clean meat”?

細胞培養技術などにより、肉様のものを製造しようとする動きがある。Sustainabilityの観点からの取組みとされ、いくつかのstart-upが上市に向けて凌ぎを削っている。Cultured meatとか、cell-based meat、lab meat「培養肉」などと呼ばれてきた。Bill Gatesなど、シリコンバレーの資金がこの技術開発に注がれていると聞く。当初、コストがあまりにもかかり、実用化が難しいのではと言われていたが、技術開発が進み、次第に実用化が近いのではという声も聞かれる。この話題については、いろいろな要素が含まれていて、簡単には述べることができそうにありません。後日、各社の技術内容について、ゆっくり記載したいと思います。

今回は、実用化はまだ先のように思われますが、米国でそのネーミングについて、レギュレーション問題も絡んで論争が始まっているというニュースが、このところ散見されるので、いくつか取り上げてみたいと思います。

 

Memphis Meats, NAMI: FDA and USDA both have roles to play in regulating cell-based meat and poultry

Foodnavigator 23-Aug-2018 at 20:36 By Elaine Watson

 

Memphis meat社(培養肉のStart-up)とNAMINorth American Meat Institute)が、トランプ大統領に宛てた書簡の中で、White House, USDA, FDA, and both conventional and cell-based meat and poultry industry stakeholders間で、cell-based meatに関する規制と呼称をどうするかについて協議するよう提案しているとのこと。肉および家禽の規制については、長年FDAUSDAは協力して対応してきた。FDAは、cell culture technologyを用いて製造した製品の安全性評価の能力があり、USDAは、長年、肉製品および家禽製品の検査に従事してきた。FDApre-market safetyが確認された後、USDAcell-based meat and poultry productsを規制し、適切にラベルされるのが良いと提案しているとのこと。呼称については、動物細胞培養による製品であることを記述するため‘cell-based meat and poultry’とするとの案。US Cattlemen’s Associationも、FDAUSDAと議会が、それぞれの管轄で協力して決定するべきとしている。米国は、この cell-based meatsも含めて、タンパク質製品の世界のリーダーであるならば、規制上の明快さがなければ、その地位を維持できないとの見解。IFT年次会議で開催された教育セッションで、管轄問題について協議されたことを受けて、最終的には、得手、不得手があるので、規制については「USDAFDAとの共同作業」で行うべきという方向に向かっているという記事内容。

 

もう少し砕けた内容の下記記事では、次のように表現されています。

 

 「培養肉」か、それとも「クリーンミート」と呼ぶべきか? 白熱するネーミング論争

Wired 2018.08.10 FRI 18:00

 

「培養肉」と呼ばれた人工肉のネーミングをめぐり、議論が巻き起こっている。米国では、管轄官庁がFDAなのかUSDAなのかによって、「肉」の定義が異なることや、上市後の規制の仕方が大きく変わってくるとのこと。開発を手がけるスタートアップはイメージ向上のために「クリーンミート」という名称にしたいことなど、色々な要素がある中、議論されている様子が記述されています。 

様々な記事に当たると、これは「肉」と呼んで良いのかという視点で議論から始まって、次第に、start-upsが推す“Clean meat”に向かっているような印象です。 

培養肉と、Impossible foods のように“培養肉”を使わず、既存の植物タンパク質をベースに肉様の製品を製造している場合も一緒くたになって議論している感もありで、もう少し原料と製法を整理した論議が必要そうに感じます。