ショ糖の造粒構造による減糖技術

減糖技術の一つとして、ショ糖の造粒形態(構造)を変えるという技術の開発も進んできているように思います。

Foodingredientsfirst 03-Sep-2018

 

この記事では、Südzucker (欧州砂糖製造業者) DouxMatok developer of targeted flavor delivery technology )が、“breakthrough sugar reduction solution を事業化するためにパートナーシップを締結したことを伝えていますイスラエルのDouxMatok 社が開発したSiO2のナノサイズ粒子にショ糖をコーティングした甘味料(US8911806B2などsugar sensory profileは同じままで、食品中の砂糖含量を40%低減可となる技術。こ素材の実用化が提携の目的no aftertaste 、色食感への影響めて砂糖機能維持伝統的に砂糖を多く含むレシピやケーキなど、乾燥した用途では非常に有効で、他領域への展開を徐々に進めて行く予定(not efficient in sodas, sauces of dressings currentlyとのこと。 

構造的に、粉体のままでの用途ならかなり有用であることは想像できるとして、加工工程や飲料など、一旦溶解して使用するような場合でも、甘味度を落とさず活用できるのかが課題と考えます。同様のことが、Nestleが開発した新規なショ糖の造粒技術によって製造される砂糖(中空構造を持つショ糖顆粒)も同様の課題があると思います。

26-Mar-2018 at 11:57

Nestleが、砂糖構造に関する画期的な発見(中空構造ショ糖特許)を利用した最初の製品を、“2017 Nestlé in society – Creating Shared Value report”でコミットしていて、2018年半ばに販売する見込みであることを記載しています。舌の上で、すばやく溶けるrestructure sugar crystalsで、Naturalで、40%まで減糖可となる技術とのこと。2018年には、2,100tの砂糖減になる見込みとのこと。英国とアイルランドで、ミルキーバー「Milkybar Wowsome」(糖質が30%少ない高価格帯商品)から開始。、現時点では、新型砂糖の使用は飲料でなく菓子に限られているとの記載があります。やはり、液体での使用に課題があるのではと思えます。

何れにせよ、「コロンブスの卵」的なDouxMatokやNestleの技術は、どこまで用途拡大できるのか注目したいと思います。