Amyris社:高純度・高品質のReb M(ステビア甘味料)で競争力に自信

Amyris社は、2022年までに世界のstevia sweeteners市場の30%を、modified yeast strainで製造するReb M (purecareという製品名か?)で占める自信ありとのこと。ライバルにコストと品質で勝てると主張していると感じる記事内容。
ステビア葉からの抽出・精製よりも、効率的で高純度で taste profileが良いこと、水や土地の使用量少ないことがメリット。砂糖を含む甘味料市場は$90bn。うち$10bnはother alternatives(砂糖以外の甘味料の意?)で、$2bnがステビア。stevia plantがどのようにRebMを産生しているかを研究し、異なる生産プラットフォーム(酵母による発酵生産)を使用してReb Mを効率よく製造するためのプロセスを構築。酵母やその他の微生物は、cannabinoids, sweeteners, flavors, colors and proteins via fermentationのより効率的で持続可能性のある生産プラットフォーム。Cargill(⇔Evolvaと連携)-DSMのEversweet(合弁会社設立し製造・販売するRebM+Dの製品名)よりも、Amyris’s yeast strainsの方が、more efficient, and delivered higher levels of purityであるとの主張。ブラジルでサトウキビ加工工場の隣で、ASR (American Sugar Refining) Group と連携して“purecane”を製造。more efficient and sustainable to produce the same molecule (天然と同じReb M)via a fermentation process with sugar。

■ ASR (American Sugar Refining) Group: the world’s largest cane sugar refiner and one of the world’s leading marketers of sugar and sweeteners.

 

Amyris社が、modified yeast strainを用いた発酵法で製造する高純度・高品質のステビア甘味料Reb M(製品名purecare)の競争力に自信ありとの記事。競争相手を育種した天然ステビア葉からの抽出・精製した製品を提供するPureCircleと、Amyrisと同じ発酵法で製品製造するCargill(⇔Evolva)-DSMの合弁会社が製造・販売するEversweetを競争相手であると想定して、市場占有率30%を目指している様子。天然かGMM(遺伝子組換え)か、成分と純度(Reb M単独なのかReb M+Dの組合せとするか)、コストなど、消費者が受容するポイントがどこにあるかで、勝者が決まってくるように思われる。各社、最終製法が決まって動いていると思われるので、目下リテール食品会社が製品での評価を行っている段階ではないかと想像する。消費者の受容性も含めて、どのような展開になるかで、今後の食品素材の製造法や製品開発の留意点が異なっていくように思われる。

SweeGen社: ステビア甘味料 Reb EについてGRAS No Objection Letterを取得

SweeGen社が、Bestevia Reb D and Reb M stevia sweetenersのGRASについて、FDAからのno objections letters取得。GRAS notificationの状態になった模様。加えて、Reb EについてもGRAS No Objection Letterを取得との記事。

(Reb : Rebaudiosideの略。ステビオール配糖体)

製品名をBestevia e+(GRASで使用した名称は、BESTEVIA® Rebaudioside E (“Reb E”))とした最新のステビア甘味料は、plant-based bioconversion processで製造され、Reb E 95%、Reb M(50ppm以下)、および他ステビア化合物を含んだ製品。Bestevia e +は砂糖に近いmouthfeel とtasteを呈し、cane sugarと同等の価格で、100%砂糖低減ソリューションを提供可とのこと。CacaColaとPepsiCoが、各々特許化しているReb M and Reb D使用飲料アプリを越える減糖ソリューションとして製品化したもの。飲料業界は、(CacaColaとPepsiCoの)既存IPを尊重していて、飲料に使用できるReb M+Reb Dを超えた新しいステビア分子を求めていた。Bestevia e +(Reb E)は、飲料、乳製品、スポーツ栄養、調味料、パン屋など、さまざまな用途で砂糖と人工甘味料の削減に貢献するはずとの主張。

(上記の図表が見づらい方は、下記をクリックしてPDFファイルでご参照ください。)

Rebaudiosideの構造

 

ステビア抽出物から得られる甘味物質には、様々な化合物が存在する。その中の、ステビオール配糖体であるRebaudioside(Reb)については、Coca-ColaとPureCircleの研究開発チームが、上図にあるようにReb A~Mの味プロファイルなどを調べ、Reb MとReb Dの混合物がもっとも好ましい味質であることを報告(Development of Next Generation Stevia Sweetener: Rebaudioside M、Foods 2014, 3, 162-175)。ステビア甘味料の課題であった後味の苦味がない成分組成が提案されていた。その後、Cargill-EvolvaやDSMなどが、発酵法によるReb M+Reb Dの製品化を果たしたり、PureCircleなどによりステビア抽出物からの精製と酵素変換によるReb M+Reb Dの製品化がなされたと記憶。今回の記事は、Reb Eの製品化を報じている。上記の図表にあるように、天然にはReb Eも存在。新たに、このReb Eを製品化したと解釈される。しかし、これまでReb Eに関する報告があまりなく、甘味度や含有量も少なかったと思うので、やや混乱気味。plant-based bioconversion processで製造とあるので、精製と酵素変換で糖部分の構造変換を行って、目的とする構造としたと思われる。Reb Eの性質については、あまり語られてこなかったので、唐突感があるため頭の整理がつかないというところ。市場に出てくると、その評価も定まってくると思われるので、どのような反響になるのか注目したい。