egg replacement ingredientの需要は?

卵を使わない加工食品の需要が増加しているが、消費者の満足度に見合う品質を備えた商品の開発にはまだ課題ありとの記事。

free-from foods movementは、欧州中で勢いを増し続けている。egg-free mayonnaiseといった商品も以前より入手容易の状態。Zion Market Research社 の市場予測では、egg replacement marketは2025 年までに5.8%成長。欧州は、2018年に世界的な卵代替市場の‘significant share’を占めており、bread and bakeryにおけるegg replacement ingredientsは‘huge demand’があるとのこと。さらに、sauces and mayonnaiseでの需要も大。欧州全域で、動物愛護や持続可能性、健康、アレルギー問題への意識の高まりにより、animal-based proteinsの消費を減らし、plant-based movementに後押しされてegg-free products需要が促進。成人の26%(35歳以下では35%)は、plant-based vegetarian productsが、eggs/dairyを用いたvegetarian productsよりも魅力的であるとの感覚。plant-based foodにはhealth haloがあり、’Vegan’ and ‘plant-based’ claimsはbuzzwordsになっていて、単なる’egg-free’よりもはるかに多くのことを網羅して共鳴して響く言葉(plant-based languageに共鳴大)。動物愛護の観点から、‘free-range’(放し飼い)も魅力的な言葉。egg-freeの需要は強いものの、業界では卵をレシピから除外した際の品質への懸念に対処する必要に迫られているとのこと。”Enjoyment”は、いかなる食品でもKey となるので、 taste and texture of egg-free products are the major barriers。 Camden BRIは、egg-free製品開発に関する研究プロジェクトを開始。plant-based alternativesが求められている所で卵を使用しているbakery products, meat replacements, chilled desserts, confectionery and other productsが対象。卵は非常に用途の広い素材で、製品にさまざまな機能を付与(unique multi-functional ingredient:moisturisation, aeration, emulsification, enriching, colour and shine, and structure forming.)。機能を代替する手段は、[vegan or allergic] categoriesの一方or両方に分類される消費者を対象にした製品を開発になる。natural, allergen-free and functional alternativesに焦点。ブランド力が有効で、差別化に4つの戦略:①offering different packaging and formats; ② backing product launches with marketing spend; ③bringing new products flavours and varieties to market; ④delivering on availability.

■  CamdeBRI:https://www.campdenbri.co.uk/
Science and technology for the food and drink industry
Practical scientific, technical, regulatory and information support – helping businesses succeed.
With industry for industry – 2,500 member companies in 80 countries.

 

Impossible FoodsやBeyond Meatなどが推進しているMeat alternativeが、急激に浸透・定着化してきていると感じる。そのような動きが、肉代替以外にも波及している感がある。牛肉代替から、鶏肉、豚肉代替や魚肉代替へ。パテから、ミンチやハム・ソーセージ形状への拡大など、Plant-base foodは拡がりを増している。同様に、アレルギーやSustainabilityの観点から、egg-free/egg replacementの重要も拡大していると感じる。老舗となるJust社は、egg-free mayonnaiseに加えて、液卵のような機能を示す”Just Egg”が好評のようで、米国スーパーでよく見かける存在になってきているように思う。Just社以外でも、卵代替品の開発が盛んになってくる模様。すでに、多くの会社が発売にこぎつけているのかもしれない。卵は、食品の中で、moisturisation, aeration, emulsification, enriching, colour and shine, and structure formingと記載されているように、様々な機能を発揮している。食感や味を形成するのに欠かせない存在である。それをplant-basedで作るには、色々な技術・素材が必要になってくる。食品加工技術の腕の見せ所かもしれない。

“JUST Egg”: 卵のような性状を示す素材

Just社(旧Hampton Creek社)の最初の製品“JUST Egg”は、water, mung bean protein isolate, canola oil, gums, seasoningsからなる液卵のような状態のもので、加熱・調理してスクランブルエッグのようにすることができる製品。見て、調理して、味わうとしてスタートした卵様の植物タンパク質製品。

JUST Egg – a plant-based scrambled egg alternative from Just Inc made with mung bean protein – is already outselling established liquid egg brands such as Egg Beaters (ConAgra Brands) and All Whites (Crystal Farms) in dollar sales per store in natural and conventional grocery channels, says CEO Josh Tetrick.

JUST Egg – a plant-based scrambled egg alternative from Just Inc made with mung bean protein – is rolling out nationwide at Sprouts this month and Whole Foods Market next month, says CEO Josh Tetrick, who claims the product is “largely incremental to the category.”

Whole Foods とSproutsで、five million-egg markを達成し、natural and conventional grocery channelsの15%超(母集団が不明か??)となり、液状卵の売上高を既に超えているとのこと。。世界的に従来の卵の現在の生産コストは$0.08で、そのうちの約60%は動物飼料代。2~3年以内に、Just Egg 1個当たり$0.047とするのが目標とのこと。

■ Just社:  https://justforall.com/en-us/get-just-egg
■ Sprouts(Farmers market):https://www.sprouts.com/

【現在のJust Eggの成分
Ingredients, Just Egg: Water, mung bean protein isolate, expeller-pressed canola oil, contains less than 2% of calcium citrate, enzyme, gellan gum, natural carrot extractives (color), natural flavors, natural turmeric extractives (color), onion puree, salt, soy lecithin, sugar, tetrasodium pyrophosphate, preservative (nisin, potassium sorbate).

 

Hampton Creekという社名で植物タンパク質をベースとして、卵様の製品を売りにして出発したスタートアップ。”Mayo”という植物タンパク質でできているマヨネーズのような性質を示す製品の発売でして名前が知られるようになったと記憶。いつの間にか、社名が”Just”となり、様々な卵代替製品を開発し、大きくなって行った会社の印象。土台には、各種植物タンパク質の加工特性やテクスチャーなどに関するデータベースを持っていて、製品設計・開発に役立てているとアナウンス。そのようなデータベースだけでも、価値あるように思う。一度、試して、その技術力がどの位なのか知りたいところです。