Amyris社:高純度・高品質のReb M(ステビア甘味料)で競争力に自信

Amyris社は、2022年までに世界のstevia sweeteners市場の30%を、modified yeast strainで製造するReb M (purecareという製品名か?)で占める自信ありとのこと。ライバルにコストと品質で勝てると主張していると感じる記事内容。
ステビア葉からの抽出・精製よりも、効率的で高純度で taste profileが良いこと、水や土地の使用量少ないことがメリット。砂糖を含む甘味料市場は$90bn。うち$10bnはother alternatives(砂糖以外の甘味料の意?)で、$2bnがステビア。stevia plantがどのようにRebMを産生しているかを研究し、異なる生産プラットフォーム(酵母による発酵生産)を使用してReb Mを効率よく製造するためのプロセスを構築。酵母やその他の微生物は、cannabinoids, sweeteners, flavors, colors and proteins via fermentationのより効率的で持続可能性のある生産プラットフォーム。Cargill(⇔Evolvaと連携)-DSMのEversweet(合弁会社設立し製造・販売するRebM+Dの製品名)よりも、Amyris’s yeast strainsの方が、more efficient, and delivered higher levels of purityであるとの主張。ブラジルでサトウキビ加工工場の隣で、ASR (American Sugar Refining) Group と連携して“purecane”を製造。more efficient and sustainable to produce the same molecule (天然と同じReb M)via a fermentation process with sugar。

■ ASR (American Sugar Refining) Group: the world’s largest cane sugar refiner and one of the world’s leading marketers of sugar and sweeteners.

 

Amyris社が、modified yeast strainを用いた発酵法で製造する高純度・高品質のステビア甘味料Reb M(製品名purecare)の競争力に自信ありとの記事。競争相手を育種した天然ステビア葉からの抽出・精製した製品を提供するPureCircleと、Amyrisと同じ発酵法で製品製造するCargill(⇔Evolva)-DSMの合弁会社が製造・販売するEversweetを競争相手であると想定して、市場占有率30%を目指している様子。天然かGMM(遺伝子組換え)か、成分と純度(Reb M単独なのかReb M+Dの組合せとするか)、コストなど、消費者が受容するポイントがどこにあるかで、勝者が決まってくるように思われる。各社、最終製法が決まって動いていると思われるので、目下リテール食品会社が製品での評価を行っている段階ではないかと想像する。消費者の受容性も含めて、どのような展開になるかで、今後の食品素材の製造法や製品開発の留意点が異なっていくように思われる。

Avansya 社: 発酵ステビア甘味料のためのCargillとDSMの合弁会社

CargillとDSMが、2018年11月8日に50:50の合弁会社、Avansya 社設立意向を発表。DSMのBiotech Campus Delft (Netherlands) に本社を置き、“zero-calorie, great-tasting sweeteners through fermentation”を製造・販売するとしていた。ここへ来て、”EverSweet” brandでの販売開始に向けて準備が急ピッチで進行中の様子。

highly sought-after, sweet-tasting moleculesであるReb M and Reb Dを発酵生産。抽出法による製品よりも、more scalable, sustainable and low cost-in-use solutionを提供可。 Avansya社が、 EverSweet brandで販売。2019年夏に、発酵原料供給地に近い米国BlairのCargill siteに発酵工場新設。Cargillと提携関係にあるEvolva社との関係は変わらず、EvolvaからのReb M and Reb Dの供給もある模様。EverSweetの世界市場での拡大を加速するのに必要なためとのことで、新設工場とEvolvaの両方からの供給体制を取るということだろうか?

合弁事業としてのEverSweet brandの発売は今夏以降になるのだろうが、Cargill-Evolvaの提携関係で開発してきたReb. M+Reb.D(ステビア中に極微量存在するReb.MとReb.Dの適切な配合で、味質が良く、かつ、後味のよい甘味料製剤になるとしている)もEverSweetという製品名での発売も発表されていたと記憶。それが、既に発売済みなのか否かとその販売状況が知りたいところです。Evolvaの増産計画もアナウンスされており、Cargill-Evolva, DSM, それぞれの立ち位置がどんな感じなのかや、さらにAmyrisもReb. Mの発売を予定しているということなので、発酵ステビア甘味料というカテゴリーがどのような姿になっていくのか興味深い。また、天然物を合成生物学的な手法などを駆使して発酵生産した発酵「天然物」に対する消費者のperceptionがどんな感じになるのか見てみたいところです。

【関連情報】

■ DSM:バイオテクノロジーセンターをオランダに新設:https://www.dsm.com/countrysites/japan/ja_JP/media/press-releases/2017/05/new-biotech-center-delft.html

研究開発拠点『the Rosalind Franklin Biotechnology Center』をオランダのデルフトに開設

■ Sweetness joint venture: Cargill and DSM partner to establish Avansya:https://m.foodingredientsfirst.com/news/sweetness-joint-venture-cargill-and-dsm-partner-to-establish-avansya.html

■ Evolva agreement with Cargill unimpacted by major sweetness tie-up :https://www.foodingredientsfirst.com/news/evolva-agreement-with-cargill-unimpacted-by-major-sweetness-tie-up.html

The Swiss-headquartered company has stressed that Evolva’s royalty rights on EverSweet and their existing agreement with Cargill will remain unchanged as a result of the upcoming joint venture.

 

Amyris:発酵カンナビノイド(cannabinoid)を開発

合成生物学的な手法を得意とするAmyris社が、発酵カンナビノイド(cannabinoid)の開発。ライセンス供与および商品化に関して、匿名のパートナー企業とUS$255 millionでterm sheet合意。3月末までに取引完了し、適切な規制当局の承認を前提として、カンナビノイド製品の商品化を18〜24か月以内に予定とのこと。

提携先から、「カンナビノイドを発酵生産するための技術開発」と「スケーリングのためマイルス―トン」への対価支払いを受け、その見返りに製品化ライセンスを付与。global beverage and skin care marketsでのsustainably-sourced CBD productsの大手を目指すとのこと。
発酵cannabinoidの消費者・市場のベネフィットを以下のように挙げている。

  • 制御された発酵に基づく変動のない生産
  • 規制リスクを軽減する発酵純度
  • 大幅なコスト削減
  • 経済的に入手が困難な化合物の収率向上
  • 農薬の未使用
  • 天然サトウキビ原料由来の持続可能な原料

2019年は、食品領域で、Hemp由来製品が注目を集める傾向にあるとのこと。hemp 及び cannabidiol (CBD) derived from hempの合法化とともに、エキサイティングな流れになっているとのこと(a 34 percent average annual growth in the number of new food & beverage launches with hemp ingredients (global, 2013-2017))。

米国・カナダなどの食品領域で、大麻(Hemp、CBD)がブームの様子。食品関係のメディアで、かなりの頻度で報じられていると感じます。お陰で、写真を見れば大麻草であると認識できるようになってきました。マリファナ(大麻)でイメージする機能は、大麻中のテトラヒドロカンナビノール (∆9-THC、いわゆるTHC)によるもの。食品・サプリで流行になっているのは、hemp由来のカンナビジオール(Cannabidiol、略称CBD)のことで、様々な効果の検討がなされているように思います。Hemp(ヘンプ)も大麻と訳されている。ヘンプとマリファナ、どちらも大麻草という同じ種の植物で、最終製品での使用用途に合わせて様々な品種が開発・使い分けられているとのこと。CBDは、体内で作られている「内因性カンナビノイド」を代謝(分解)する酵素の働きを抑えることが知られており、内因性カンナビノイドを維持しやすくなるので、「CBDオイルの摂取→体内のカンナビノイド濃度が高まる→心身の調整機能の向上」という感じで様々な効果発揮するのではと考えられている様子。

日本では「大麻」に対する固定的なイメージがあるので、hemp 及び cannabidiol (CBD) derived from hempが、どういうモノで、どのような機能があり、どのように使用するかなど、理解が深まらないと、欧米のような広まりにはならないのではと思えます。

■ Amyris:https://amyris.com/

 

Amyris:sugarcane-derived zero-calorie ingredientでASRと契約締結

Amyrisが、GRAS statusを取得したとされるsugarcane-derived zero-calorie ingredientについて、ASR(American Sugar Refining) Groupとmajor supply and distribution dealを締結して、このnew non-GMO, natural, zero-calorie sweetenerを販売することを下記記事が伝えています。ASRは、米国、カナダ、メキシコに6つの精糖工場を所有・運営するthe world’s largest sugar cane refiner。significant volumeを保証する長期供給契約。Amyrisはブラジルでこの甘味料を製造。By making plant-based products using safe and sustainable ingredients, Amyris is continuing to disrupt markets. (DSMは、Amris株を20%保有)

Zero-calorie sweetener: Amyris inks major supply deal with ASR
Foodingredientsfirst 04-Oct-2018

ASR(American Sugar Refining) Group : https://www.asr-group.com/

Amyrisは、12月までに詳細発表するとしていますが、”sugarcane-derived zero-calorie ingredient”とは、どんな構造をしているのか、興味津々でネットサーフィンしてみると、Amyris自身が作成した文書の中に以下の記載があります。

  • In the second quarter of 2018, we successfully demonstrated our industrial process at full scale to produce a high-purity, zero calorie, natural sweetener from sugar cane. The molecule we are producing from sugar cane, Reb M.
  • The Reb M we produce from sugar cane is more sustainable, lower cost and has a specific technical profile that is advantaged in taste and total process economics for blends and formulations.
  • Our FDA Generally Regarded As Safe (GRAS) filing has been initiated and we will have commercial quantities of product produced at the Brotas facility by the end of the year.

従って、モノはStevia葉の甘味ジテルペン配糖体の中で、味質が良いとされているReb Mで、“Reb M we produce from sugar cane”という表現しています。Syn-Bioを得意とするAmyrisなので、発酵原料として、ブラジルのnon-GMO sugar cane(モラッセス?)を使って、発酵することでReb. Mを産生する菌を育種したのだろうと推定されます。かつ、組換え微生物を使用していても、最終的には、精製してReb Mとし、最終製品に入ってこないので、GMO-freeとしているので、sugarcane-derived zero-calorie ingredient、new non-GMO, natural, zero-calorie sweetenerと表現しているのではと考えられます。

何れにせよ、様々な企業から、Reb MやReb M+Dを、天然及び遺伝子組換え品で今年中に上市しようとしているのは確かかと思います。各社の製法特許関係がどうなっているのか整理してみる必要がありそうです(甘味ジテルペン配糖体の物質特許は、日本の守田化学が登録している様子)。また、遺伝子組換え手法を用いて製造、でも、GMO-freeとなる製品が、市場で、どのように受け止められるのか興味深いところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amyris/sugarcane-derived zero-calorie ingredient

目にとまった食品素材に関するWebニュースについて、概要と感想を記載して見ようと思い立ち、ブログを始めることにしました。

まずは、甘味料についてと思っておりましたら、以下の記事が入ってきました。

Foodingredientsfirst 06-Sep-2018

砂糖税とClean label、Naturalトレンドなどを受けて、天然物由来の低カロリー高甘味度甘味料の開発に各社注力していることが窺えます。そのような中、合成生物学を得意とするバイオ化学企業Amyrisが、サトウキビ由来のゼロカロリー成分でself-GRASを通したとの意味深長な発表をしているとのこと。

Amyrisは、zero-calorie sweetener made from sugarcaneについて、self-GRASをパスしたとのこと(記事では、すぐ販売のニュアンスだが、多分まだFDAの受理レターは受けていないものと思われる)。” new, natural, zero-calorie sweetener”と表現。12月のofficial launchまでには、詳細情報開示する予定。世界的な2つのleading sugarcane playersのうちの1社と提携。sole ownerで、世界的なthe leading sweetener solution companies のうちの数社を介して入手可。the new non-GMO, natural ingredientで、tabletop sweetenersとしてや、大抵の飲料、その他の用途で使用可であることを確認済み。最も安価な natural sweetenerとして市場に投入とのこと。味は、just like sugar。2017年5月、DSMはAmyrisにUS$25 million の初期株式投資を行い、12%の株式保有に転換しており、この甘味料の恩恵を受けるはずで、DSMの健康・栄養・材料における市場戦略や持続可能資源由来の(bio-) natural-like productsへのシフトをAmyris技術が加速することになる。Amyrisにとっては、DSMのチャネルと市場へのアクセス、動物栄養、人間の栄養および消費者健康市場の理解は、戦略的価値を提供(2017/11には、Amyris Brasil LtdaをDSMに売却。farneseneなどAmyrisの大量生産製品の長期的な製造パートナーシップを確立し戦略的提携を強化)。記事後半には、最近公表されているの下記天然低カロリー素材について記載されている。

  • Tate & Lyle : allulose product.  low-calorie sugar found in wheat and fruits such as figs and raisins. 95 percent fewer calories than sucrose.
  • Cargill and Sweet Green Fields :Reb M+D(この記事に記載はないが、DSMも同様の開発)
  • Magellan Life Sciencesis:scaling up their production of brazzein
  • Südzucker, and DouxMatok:“breakthrough” sugar reduction solution. Sugar molecules on a mineral carrier. Reduction up to 40 percent of the sugar content in various food products

天然に存在する低カロリー高甘味度甘味料の開発競争が激しい中、サトウキビ由来のゼロカロリー成分。どんな構造で、何故これまで見つかっていなかったのか、最終的には合成生物学を使った製造法をとっているのかなど、謎めいた感じ。記事通りの内容であれば、業界への影響力大と思われるので、詳細な情報開示が待ち遠しいです。