IFT Food Expo 2019_雑感

米国IFT(Institute of Food Technologists)Food Expo 2019などに出席するため、2週間程留守にしており、このブログも暫く振りのアップロードになります。IFT2019のトピックスについては、下記のようなWeb記事で紹介されております。記事の内容を紹介するとともに、IFT2019を見て回ったり、スーパーマーケットなどを眺めての感想を付け加えて記載してみます。

(取り急ぎアップしようと記載しておりますので、メモ書きのようになりますこと、ご容赦ください。)

IFT 2019 review: Natural sweeteners, CBD, Fermented proteins

 

Plant-based meat, dairy and egg alternatives got top billing at the IFT annual meeting and expo in New Orleans this year, while hemp-derived CBD also made its debut, regulatory uncertainty notwithstanding… Check out part 1 of our gallery of highlights from the world’s biggest food science symposium.

 

From the latest trends in all things spicy from Kalsec and Ajinomoto’s take on the ‘sixth’ taste kokumi, to what Coca-Cola is looking for from startups as part of the IFTNEXT program, check out part 2 of our gallery of highlights from the world’s biggest food science symposium.

IFT Food Expo 2019ですが、Clean labelとPlant-based proteinが主なテーマでした。Naturalトレンドと相まって、Clean labelは、相変わらず関心の高い話題と感じます。従来の成分表示数を低減するという考え方で、Chemical soundやNegative listに列挙されているものの天然代替品や(表示フリーの)機能素材代替を紹介したり、Naturalを強調できる素材を紹介するものなど、定義がヒトによりまちまちであることを再認識。Plant-based proteinを使用しているImpossible Burgerが販売されているレストランに行くと売上好調で欠品になっているところが多い様子。Whole Foodsに行けば、Beyond Burgerが普通に、フードコーナーのハンバーガー売り場のメニューになっていました(食べてみましたが、言われなければ普通の肉のハンバーガーと変わりなしと感じました)。そのように、Plant-based proteinを使った製品が、市民権を持ち、急成長している様子で、IFT2019でも、Plant-based proteinを紹介する様々なブースが存在していました。このような状況での中国勢のキャッチアップ能力は抜群の感があります。肉代替に留まらず、卵や乳製品代替を目指した植物タンパク質開発も盛んな様子で、オート麦ベースの乳製品代替品やlentil(レンズ豆)-based proteinなど、Pea protein以外の植物タンパク質の紹介も目立っておりました。Ingredionが投資しているClara Foods社の発酵によるchicken-less egg proteinsも画期的との評価を受けている様子であり、植物タンパク質(Peaとrice protein)をキノコ菌糸を用いて発酵させたプロダクトを紹介しているMycotechnology社も注目されている様子で、植物タンパク質をFermentationで製造したり、加工するという動きも盛んになっているように感じました。また、砂糖削減のための天然甘味料を紹介するブースも多かったように感じます。Stevia関係では、ASR(Sweet Essence M)、ADM(SweetRight Edge)、およびSGF(SteviAroma)がソリューションを含めて紹介。Alluloseが、「加糖」表示は必要ないとするFDA判断が下されたことで、Tate&Lyle、Ingredion(松谷化学との提携)、Apura Ingredientsなどのサプライヤーが、有望な甘味料として提示。大麻(Hemp)由来成分のCBDを紹介するブースも多く存在し、今年のトレンド素材となっているのも頷けると感じました。ただ、FDAが、CBDは違法と考えている様子にて、5/31に開催されたCBDに関する公聴会を皮切りに、今後、レギュレーション論議がなされる中で、この勢いがどうなるかが決まってくると思われました。

Clean labelとPlant-based foodsに関するトレンドが今暫くは継続、あるいは、定着化するだろうと感じた展示会でした。

Amyris:発酵カンナビノイド(cannabinoid)を開発

合成生物学的な手法を得意とするAmyris社が、発酵カンナビノイド(cannabinoid)の開発。ライセンス供与および商品化に関して、匿名のパートナー企業とUS$255 millionでterm sheet合意。3月末までに取引完了し、適切な規制当局の承認を前提として、カンナビノイド製品の商品化を18〜24か月以内に予定とのこと。

提携先から、「カンナビノイドを発酵生産するための技術開発」と「スケーリングのためマイルス―トン」への対価支払いを受け、その見返りに製品化ライセンスを付与。global beverage and skin care marketsでのsustainably-sourced CBD productsの大手を目指すとのこと。
発酵cannabinoidの消費者・市場のベネフィットを以下のように挙げている。

  • 制御された発酵に基づく変動のない生産
  • 規制リスクを軽減する発酵純度
  • 大幅なコスト削減
  • 経済的に入手が困難な化合物の収率向上
  • 農薬の未使用
  • 天然サトウキビ原料由来の持続可能な原料

2019年は、食品領域で、Hemp由来製品が注目を集める傾向にあるとのこと。hemp 及び cannabidiol (CBD) derived from hempの合法化とともに、エキサイティングな流れになっているとのこと(a 34 percent average annual growth in the number of new food & beverage launches with hemp ingredients (global, 2013-2017))。

米国・カナダなどの食品領域で、大麻(Hemp、CBD)がブームの様子。食品関係のメディアで、かなりの頻度で報じられていると感じます。お陰で、写真を見れば大麻草であると認識できるようになってきました。マリファナ(大麻)でイメージする機能は、大麻中のテトラヒドロカンナビノール (∆9-THC、いわゆるTHC)によるもの。食品・サプリで流行になっているのは、hemp由来のカンナビジオール(Cannabidiol、略称CBD)のことで、様々な効果の検討がなされているように思います。Hemp(ヘンプ)も大麻と訳されている。ヘンプとマリファナ、どちらも大麻草という同じ種の植物で、最終製品での使用用途に合わせて様々な品種が開発・使い分けられているとのこと。CBDは、体内で作られている「内因性カンナビノイド」を代謝(分解)する酵素の働きを抑えることが知られており、内因性カンナビノイドを維持しやすくなるので、「CBDオイルの摂取→体内のカンナビノイド濃度が高まる→心身の調整機能の向上」という感じで様々な効果発揮するのではと考えられている様子。

日本では「大麻」に対する固定的なイメージがあるので、hemp 及び cannabidiol (CBD) derived from hempが、どういうモノで、どのような機能があり、どのように使用するかなど、理解が深まらないと、欧米のような広まりにはならないのではと思えます。

■ Amyris:https://amyris.com/

 

Whole Foods社の2019年食品トレンド10

米国Whole Foods社が、食品関連の各部門専門家26人を招集、業界の動向に関する見通しについて討議して、2019年の主なトレンド10項目を発表とのこと。

10項目の概要:
1. 「パシフィック・リム(環太平洋地域)」フレーバー:パシフィック・リムが原産のフルーツのフレーバーを有する製品

2. プロバイオティクス:プロバイオティクスの人気継続。有胞子性乳酸菌(バチルスコアグランス)の「GBI-30」や「MTCC 5856」を使った商品で常温保存可能なものも増。

3. 「新しい」脂肪:米国ではケトジェニック、パレオ、グレインフリー、ペガン(パレオ+ビーガン)といった食事法が依然として人気。「脂肪」に対する消費者の見方は変化しており、今後も高タンパクで炭水化物が少ないこれらの食事法の人気は高まるとみられている。

4. 新しいアイスクリーム:「脂肪」を多く含む食品は大幅に増加しそう。そのトレンドの中で注目されているものの一つが、アイスクリームとフローズンデザート。

5. 大麻(ヘンプ):米国の販売が認められているカナダ産の大麻を使ったオイルや食品、飲料はより幅広く開発・生産され、販売されることになるだろう。これまで使用されてきたものとは別の成分の効果が研究によって明らかにされているほか、消費者の関心の高まり続けていることが主な理由。 (CBD:Cannabidiolという単語が、食品系の記事に多くみられるようになってきたと感じます。CBDオイルは、既に一般化)

6. 植物由来食品:植物を原料として使った食品の需要大。植物由来の原料で作ったジャーキーやベーコン、ポークラインズなどが、流行食品になるとみられている

7. シーグリーン :海藻を使ったバターや昆布を使った麺、スイレンの実で作ったパフ(ポン菓子)、植物由来の「代替マグロ」やサーモンの皮、ケルプのジャーキーなどの発売が見込まれている。

8. パッケージング:持続可能性の維持に向けた努力における最大の課題の1つ。

9. スナッキング:「スナック」の定義が「毎日必ず取るもの」に変化。過去5年間、発売されるスナックは増加。

10. 価値観に基づく買い物:消費者は自分と同様の価値観を持ったブランドの商品を購入することで、その企業を支援。

2018年とあまり変わりないが、1970年代以来、食品会社の商品開発の中心だった脂肪を低減した「低脂肪」であったが、現在、脂肪はもはや「消費者の敵No.1」ではなくなり、逆に脂質の機能に注目した#3や#4のような製品開発が盛んになってきた感じがするのと、大麻由来成分(CBDオイルなど)が挙がっているいるのが目新しいところと感じます。