Tagatose :a low-calorie, low-glycemic sweetenerの新製法

Illinois大が開発した、lactoseを出発物質にして、tagatose (a low-calorie, low-glycemic sweetener)に変換するよう設計された酵母株は、低GI甘味料の実用化の鍵となるかもしれないとの記事。

Tagatoseは、ショ糖とほぼ同じ味と食感で、カロリーはショ糖の40%、加えて血糖値をショ糖やフラクトース程上げないという機能あり(G値:Tagatose  3. ショ糖 68.フラクトース 24)。これまでは、galactoseをtagatoseに変換するmulti-step enzymatic processでの製造。酵素反応は、非効率的で、変換率30%。製造コストが高くなり、商業化されていないとのこと。Lactose⇒tagatose変換するよう設計。①lactose代謝で、cellular fuelとしてgalactoseを使用する酵母を育種。② galactose⇒tagatose変換に必要な2遺伝子を挿入。90% tagatose溶液として製造可。酵素プロセスに比して、大規模に処理することが可能。Greek yogurt製造で、大量のwhey wasteが出る。このwhey waste中のlactoseを間接的に使用可で、大幅コストダウンが期待できるとのこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 本内容に関する論文:https://www.nature.com/articles/s41467-019-09288-6

Overcoming the thermodynamic equilibrium of an isomerization reaction through oxidoreductive reactions for biotransformation

Nature Communications volume 10, Article number: 1356 (2019)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Nature communicationsに掲載されたIllinois大の論文内容に関する記事。Tagatoseは、低カロリー・ショ糖食感機能代替、低GI素材として、以前から多くの報告があるように思われる。大量・安価に得られるならば、利用価値大と考えられるが、コストがネックになっていた様子。大学のみの仕事で、まだ大量生産できる状態にはなさそう。また、Lactose(=Glucose+Galactose)は余剰原料であるwhey wasteから得られるとして、分子育種したパン酵母を作用させると、GlucoseとGalactoseに分解。生成したGlucoseが、Tagatoseに効率良く変換される。しかし、片割れのGalactoseは捨てることになるので、本当に安価に製造可なのか疑問が残る。トータルでの採算性を示して欲しいところです。