Amyris社:高純度・高品質のReb M(ステビア甘味料)で競争力に自信

Amyris社は、2022年までに世界のstevia sweeteners市場の30%を、modified yeast strainで製造するReb M (purecareという製品名か?)で占める自信ありとのこと。ライバルにコストと品質で勝てると主張していると感じる記事内容。
ステビア葉からの抽出・精製よりも、効率的で高純度で taste profileが良いこと、水や土地の使用量少ないことがメリット。砂糖を含む甘味料市場は$90bn。うち$10bnはother alternatives(砂糖以外の甘味料の意?)で、$2bnがステビア。stevia plantがどのようにRebMを産生しているかを研究し、異なる生産プラットフォーム(酵母による発酵生産)を使用してReb Mを効率よく製造するためのプロセスを構築。酵母やその他の微生物は、cannabinoids, sweeteners, flavors, colors and proteins via fermentationのより効率的で持続可能性のある生産プラットフォーム。Cargill(⇔Evolvaと連携)-DSMのEversweet(合弁会社設立し製造・販売するRebM+Dの製品名)よりも、Amyris’s yeast strainsの方が、more efficient, and delivered higher levels of purityであるとの主張。ブラジルでサトウキビ加工工場の隣で、ASR (American Sugar Refining) Group と連携して“purecane”を製造。more efficient and sustainable to produce the same molecule (天然と同じReb M)via a fermentation process with sugar。

■ ASR (American Sugar Refining) Group: the world’s largest cane sugar refiner and one of the world’s leading marketers of sugar and sweeteners.

 

Amyris社が、modified yeast strainを用いた発酵法で製造する高純度・高品質のステビア甘味料Reb M(製品名purecare)の競争力に自信ありとの記事。競争相手を育種した天然ステビア葉からの抽出・精製した製品を提供するPureCircleと、Amyrisと同じ発酵法で製品製造するCargill(⇔Evolva)-DSMの合弁会社が製造・販売するEversweetを競争相手であると想定して、市場占有率30%を目指している様子。天然かGMM(遺伝子組換え)か、成分と純度(Reb M単独なのかReb M+Dの組合せとするか)、コストなど、消費者が受容するポイントがどこにあるかで、勝者が決まってくるように思われる。各社、最終製法が決まって動いていると思われるので、目下リテール食品会社が製品での評価を行っている段階ではないかと想像する。消費者の受容性も含めて、どのような展開になるかで、今後の食品素材の製造法や製品開発の留意点が異なっていくように思われる。

Allulose: FDA_no calories ・ no impact on blood sugarのため”added sugar”から除外

様々な甘味料の販売とアプリ提供を手掛けているIcon Foods社(甘味料専門ディストリビューター)のCEOが、各種甘味料の現状と今後について語っている記事。消費者が、砂糖代替甘味料に求める一番大きな要因は、natural or clean labelで、続いて glycemic indexとketo friendlyとのこと。Alluloseが、 ‘This is a true game changer’と評価。

■ Icon Foods社:http://iconfoods.com/
Icon Foods specializes in supplying the health food industry with natural alternatives to sugar.

Icon Foods社CEOによれば、今後成長が見込まれる甘味料は、以下の通り

■ Stevia:better-tasting steviol glycosidesが開発され、益々普及。Icon Foodsの最新製品RA99Mは、Reb AとReb Mの組合せ。Off-noteをマスク。大幅コストダウン、$450 /Kg.中国BioLotus社の抽出品にて、Natural。

■ Monk fruit :着実な伸び。伸びとともにコストも低下するも、まだSteviaよりも高価。stevia and monk fruitの組合せが、他のoff-noteをマスクするため一番人気。
■  Erythritol:依然としてstrong sellerで、(消費者が、sorbitol, mannitol を避けている間は)成長が見込まれる。Sugar alcohols continue to grow as fast as keto since they are the preferred keto sweeteners.
■ Coconut, agave, maple:sugar alternativesとなるnutritive sweeteners。
■■  Allulose: ‘This is a true game changer’: FDAが、no calories で no impact on blood sugarのため、”added sugar”と表記する必要がないとし、かつ、砂糖のような味と挙動を示すバルク甘味料。Icon Foods社の顧客が、ここ数カ月で、数千の新製品を発売予定。This is a true game changer in the sweetener category.
■ Eversweet (Cargill社製): 大幅なカロリー削減が可能。100%減糖には、発酵製造によるEverSweet(RebM+Reb D)を提供。スポーツ栄養市場向け飲料での関心大。歴史的に、高いタンパク質レベルによるoff-flavorsをマスクするために使われてきた砂糖に代わる効果と味。
■ Palatinose(Beneo社製): 米国で 40製品以上に使用。(血糖値に影響しない)‘slow carb’ isomaltuloseとして成長継続。chicory root fibersとしてしられていたが、ショ糖の酵素転位で製造。

 

Alluloseを true game changerとしたのは、FDAが、no calories で no impact on blood sugarであるという最近のデータを基に、”added sugar”と表記する必要がないとの判断を下したためと思われる。

FDAが、“Allulose”(日本では「希少糖」とアナウンス?)をNutrition and Supplement Facts labels(パッケージに記載されている栄養表示)のtotal and added sugarsから除外すると発表。最新データでは、alluloseは他の糖類とは異なり、ほとんどカロリーがなく(95 percent fewer calories than sucrose)、血糖値やインシュリンレベルの上昇はごくわずかで、虫歯を助長することはないと判明したので、 ‘total sugars’ or ‘added sugars’に入れなくて良いと判断したとのこと。このルール発表を、Alluloseの大手サプライヤのTate&Lyle(DOLCIA PRIMA alluloseを生産)とIngredion(松谷化学と提携。Ingredion社がメキシコでASTRAEA Alluloseを製造し、それを南北アメリカ全体に販売する予定)が歓迎しているとの記事(FDAの2016 Nutrition Factsラベルルールでは、alluloseの量は、Nutrition and Supplement Factsラベルに表示されている総炭水化物、総糖、および追加糖の量にカウントされる必要があった)。糖尿病などの病状を管理するsugar free segment(米国人口の13%)には、clean sweet taste and indulgence(甘味)を提供できる低カロリー甘味料に対する関心は大。Alluloseは、このセグメントの要望に響くだろうとのこと。

 

砂糖や炭水化物を連想させる「総炭水化物、総糖、添加した糖」といったパッケージ記載項目に量を記載していたのが、記載する必要のない量となるのは、確かに大きなこと。製造者としては、砂糖のような味と挙動を示すバルク甘味料ということであると、使いたくなると思われます。Icon Foods社の顧客が、ここ数カ月で、数千の新製品に採用しようとスタンバイしているというのも、頷ける気がします。”This is a true game changer in the sweetener category.”とするのも、尤もなこと。本当に、そのような伸びとなるのか注目です。

 

Avansya 社: 発酵ステビア甘味料のためのCargillとDSMの合弁会社

CargillとDSMが、2018年11月8日に50:50の合弁会社、Avansya 社設立意向を発表。DSMのBiotech Campus Delft (Netherlands) に本社を置き、“zero-calorie, great-tasting sweeteners through fermentation”を製造・販売するとしていた。ここへ来て、”EverSweet” brandでの販売開始に向けて準備が急ピッチで進行中の様子。

highly sought-after, sweet-tasting moleculesであるReb M and Reb Dを発酵生産。抽出法による製品よりも、more scalable, sustainable and low cost-in-use solutionを提供可。 Avansya社が、 EverSweet brandで販売。2019年夏に、発酵原料供給地に近い米国BlairのCargill siteに発酵工場新設。Cargillと提携関係にあるEvolva社との関係は変わらず、EvolvaからのReb M and Reb Dの供給もある模様。EverSweetの世界市場での拡大を加速するのに必要なためとのことで、新設工場とEvolvaの両方からの供給体制を取るということだろうか?

合弁事業としてのEverSweet brandの発売は今夏以降になるのだろうが、Cargill-Evolvaの提携関係で開発してきたReb. M+Reb.D(ステビア中に極微量存在するReb.MとReb.Dの適切な配合で、味質が良く、かつ、後味のよい甘味料製剤になるとしている)もEverSweetという製品名での発売も発表されていたと記憶。それが、既に発売済みなのか否かとその販売状況が知りたいところです。Evolvaの増産計画もアナウンスされており、Cargill-Evolva, DSM, それぞれの立ち位置がどんな感じなのかや、さらにAmyrisもReb. Mの発売を予定しているということなので、発酵ステビア甘味料というカテゴリーがどのような姿になっていくのか興味深い。また、天然物を合成生物学的な手法などを駆使して発酵生産した発酵「天然物」に対する消費者のperceptionがどんな感じになるのか見てみたいところです。

【関連情報】

■ DSM:バイオテクノロジーセンターをオランダに新設:https://www.dsm.com/countrysites/japan/ja_JP/media/press-releases/2017/05/new-biotech-center-delft.html

研究開発拠点『the Rosalind Franklin Biotechnology Center』をオランダのデルフトに開設

■ Sweetness joint venture: Cargill and DSM partner to establish Avansya:https://m.foodingredientsfirst.com/news/sweetness-joint-venture-cargill-and-dsm-partner-to-establish-avansya.html

■ Evolva agreement with Cargill unimpacted by major sweetness tie-up :https://www.foodingredientsfirst.com/news/evolva-agreement-with-cargill-unimpacted-by-major-sweetness-tie-up.html

The Swiss-headquartered company has stressed that Evolva’s royalty rights on EverSweet and their existing agreement with Cargill will remain unchanged as a result of the upcoming joint venture.

 

Senomyx:羅漢果由来のhigh-potency sweetening compound、“siratose”開発

Senomyxが、羅漢果に極微量存在するzero-calorie, high-potency sweetening compound、“siratose”の発酵生産株を開発、POC( proof of concept)完了とのこと。

市販のmonk fruit extractsよりもはるかに優れ、Reb. Mよりも、more potent, better-tasting, more soluble, and more stable in low PH beverages such as carbonated soft drinksとアナウンス。現在、低レベルだが、“siratose”を産生する2株を取得。製品化に向けて、収率とコスト目標をクリアするため最適化を図る必要ありという状態。2019年末までに、GRAS notificationを受けられるよう計画。300万を超えるサンプルをスクリーニングし、「天然35 distinct familiesから300種のの甘味料」を特定、そのうちの一つが “siratose”。市販のmonk fruit sweeteners(Mogroside V)とは異なる新規化合物。「発酵」は、natural processだが、(合成生物学的手法を使っているので)消費者が’natural’と考えるかは不明。たとえば、遺伝子組換えパン酵母を使用した発酵プロセスによって製造されるCargillおよびEvolvaの”EverSweet”は、Reb D + Mまたはステビオール配糖体として食品ラベルに記載可だが、‘stevia leaf extract’と記載するのは不可とのこと。“siratose”と表示することになり、消費者には。’chemical’に聞こえるだろうというのがコンサル見解。消費者が持続可能性の利点について教育を受ければ、状況は変わる可能性もあるとのこと。

Senomyxは、2018年第1四半期に$3.1m の収益で$3.8m の純損失を計上、$18.1m のash reservesがあり、債務はない状態で、The company “continues to conduct discussions with third parties in its evaluation of potential strategic alternatives, including the potential sale of the company, with the ultimate goal of enhancing shareholder value,”(売却などを含めて検討しているということか?)以前、Flavor & Fragranceの大手であるFirmenich社がSenomyx社を買収することで両社合意に達したとのニュースを紹介した。その作業が進行していることを意味しているのだろうか?

最後の部分に予定と課題が以下のように記載されていて、Syn-bioを活用した天然物製造を考えている方には参考になるかと思いました。
■ A comparable product is Reb D+M being developed by Cargill and Evolva under the EverSweet brand, which Cargill has said in the past will not be actively marketed as a natural sweetener, although it is “chemically identical to what you’d extract from the stevia leaf.”
■ it would likely not require a GMO label under the new federal GMO labeling law if the micro-organism is used as a processing aid and is not present in the final sweetener.

 

合成物ライブラリーから味覚受容体を用いたスクリーニングで呈味物質や呈味増強物質を見出そうとしていたSenomyxであるが、Clean labelやNatural志向で、探索源を天然物ライブラリーに変更している模様。サンプル数の多さから、甘味受容体を用いる手法は維持していると思われる。化学構造に関する記載がないので、実際は不明だが、Monk fruit由来の極微量成分ということで、おそらく合成生物学的な手法で製造することになると考える。発酵法で製造するものの、生産菌は遺伝子組換え体となる。従って、消費者の受けとめ方がどうなるが気になるところとなるため、記事の後半は、そのような懸念について記述しているのだと思われる。同様な経緯を辿ってきた”EverSweet”が、どのように消費者に受けとめられ、どの程度の売上になっているのか知りたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CargillとDSMが、発酵ステビア配糖体でjoint venture設立

CargillとDSMが、new sweetness joint venture “Avansya”社(50-50 partnership)を2019年Q1に立ち上げ予定であると報じられています。両社は、ともに、highly sought-after, sweet-tasting molecules, such as steviol glycosides Reb M and Reb D の発酵生産で、抽出物と同等かそれ以上の量とコストで供給可能となるよう検討してきた。両社技術を融合し、発酵ステビア配糖体を”EverSweet”(Cargellが使ってきたブランド名)というブランド名でで上市する予定とのこと。2019年夏、Blair, Nebraska (US) siteの新しい発酵施設で生産し、non-artificial, zero-calorie, great-tasting sweetener optionsの提供開始する見込み。Joint ventureは、発酵ステビア配糖体(Reb. M及びD)に限定。DSMは、発酵などバイオテクノロジーに関する技術、Cargillは、甘味料市場での実績とアプリケーション開発、原料供給など、互いの強みを組み合わせるとのこと。社名は、DSMがReb.Mのブランド名として使っていた’Avansya’、ブランド名はCargillが使っていた’EverSweet’とするなど、50:50のJoint ventureであることを感じさせる配慮がなされているように思います。

Sweetness joint venture: Cargill and DSM partner to establish Avansya
Foodingredientsfirst 08-Nov-2018

同じ製品を同じような手法で開発し、競合とみなされてきた両社が、上市という段階でJVを設立することにしたのは、かなり思い切った提携に思えます。。天然であることを強調して抽出および酵素変換で味質の良いステビア配糖体を製造するグループや、Amyrisの発酵Reb M参戦の話題などがある中で、戦略的で利口なやり方と感じます。こんな大胆なことをする本音の部分を聞いて見たい気がします。

‘A match made in heaven’: Cargill and DSM team up to bring fermentation-based sweeteners to market
Foodnavigator 08-Nov-2018 at 18:46 By Elaine Watson


Cargill and DSM – who have both independently developed steviol glycosides via microbial fermentation – are now teaming up in a bid to accelerate their development under the Eversweet brand.

上記の記事では、製造法について、若干ふれています。genetically engineered baker’s yeastを用いた発酵生産とのこと。ステビア葉からの抽出で製造するPure-Circle社などから、Do consumers think stevia that’s not from the leaf is ‘natural’?という趣旨の問いかけがなされている様子。今後、発酵ステビア配糖体のロビー活動(genetically engineered bakers yeastを用いた製造法)や、それに対する消費者のperceptionがどのような動きになるのか、注目されるところです。その結果によって、食品領域でのバイオテクノロジーの活用が加速されるのか、現状維持なのかが決まるように思えます。