Givaudanと食品加工プロセス装置のBühler社が、Start-up支援で連携

Givaudanと、食品加工プロセス装置のBühler社が、破壊的な(「disruptive:破壊的な」が、innovativeより多く使われるようになってきたように感じます)技術・製品のスケールアップや商業化を目指すStart-upを支援するため、起業家をスイスの夫々のinnovation centresに迎い入れ、指導・支援する(mentor)ことで、パートナーシップを締結とのこと。

ここ数年、Givaudanは、MassChallengeやEIT Food Accelerator Networkを介してStart-upsとコラボしたり、コーチングしてきたことが背景。2050年100億人が食べて行くには、radical innovationなしにはできない。エコシステム全体のenergy, passion and skillsを活用する必要があり、Start-upsが重要な役割を果たすとの考えが根底にあるとのこと。GivaudanとBühlerは、MassChallengeの創設メンバーで、EIT Food Accelerator Networkのパートナーであり、スイスETHとEPFL (Ecole polytechnique féderale de Lausanne)、 Nestléとともに「Future Food – A Swiss Research Initiative (“Future Food Initiative”)」を立ち上げた仲間(基金$4m)。求めているのは、alternative proteins, sustainable animal feed, food safety, food fraud, authenticity, natural ingredients for food applications (colors, preservatives), flavors, nutrition (particularly fibre, sugar, fat and salt reduction), ingredients with proven health and nutrition benefits, and gentle processingの分野で技術開発しているStart-ups。Givaudanにとっては、collaborative innovation戦略の一環。新設したInnovation Centreは、優れたStart-upsに、Givaudanのtechnology, expertise and capabilities を活用するための完璧な環境を提供。Bühlerは、Givaudanの施設を補完するcollaboration spaces, laboratories and technology and scale-up facilitiesを備えたCUBICを開設しているとのこと。

■ Bühler:https://www.buhlergroup.com/global/en/home.htm
food processing technologies, including milling, grain, quality, hop optical sorting, data services, value nutrition (extrusion, aqua feed, pet food); consumer foods: coffee, biscuits, wafers, chocolate, cocoa, nuts; and advanced materials: including optics, coatings, die casting, lithium battery, optics (sensors, camera coatings)の専門性あり
⇒ CUBIC :https://www.foodnavigator.com/News/Food-Safety-Quality/Take-a-look-behind-the-scenes-of-Buehler-s-CUBIC-innovation-campus

■ Givaudan : alternative proteins; flavor creation and application; enabling sugar, salt and fat reduction and replacement, natural functional foods and H&W ingredients, regulatory and consumer insights and analytical and food science で支援.
⇒ Innovation Center :https://m.foodingredientsfirst.com/news/strong-innovation-culture-givaudan-opens-new-us120-million-flagship-innovation-center-in-zurich.html

■ MassChallenge:https://masschallenge.org/
Headquartered in the United States with locations in Boston, Israel, Mexico, Rhode Island, Switzerland, and Texas, MassChallenge strengthens the global innovation ecosystem by accelerating high-potential startups across all industries, from anywhere in the world for zero-equity taken.

■ EIT Food Accelerator Network:https://www.eitfood.eu/entrepreneurship/projects/eit-food-accelerator-network-fan-2019

(上記URLに接続不可であれば、下記URLで概要をご確認ください。)

https://eit.europa.eu/news-events/news/eit-food-accelerator-network-announces-second-cohort-agrifood-start-ups
The existing EIT FAN (Food Accelerator Network) programme will be expanded to 5 acceleration hubs based in UK, ES, CH, IL and DE thereby enabling greater business impact from European research and innovation.

 

食品関係のグローバル大手各社は、筋の良いStart-upsの囲い込み施策を展開している感じ。最終的に、実用化・製品化に至るには、実際にモノを作るための加工技術・装置の手当てが極めて重要。従って、食品加工プロセス装置の開発を専門とするBühlerの位置付けが大きくなると考える。Start-upsを支援するためのinnovation centresをスイスに置くこともポイントになるように思う。近隣に、ETHなど食品加工技術や分析・解析に優れた研究機関が多いことを活用できそうに感じる。どんなStart-upがステージアップしてくるか注目したい。

Nestle: R&D Acceleratorを創設

Nestleが、scientists, students、start-upsを一堂に会して、科学・技術を進歩させるためのR&D Acceleratorを創設とのこと。目的は、Nestleのシステムや食品・栄養に関する専門知識を活用して、革新的な製品開発のスピードアップを図るとのこと。

このconglomerateは、起業家の創造性を見出し、それを具体的な試作品や製品に変えることに注力。組織全体でのプロトタイピング機能の強化、有望なプロジェクトの発展、特定のチャネルでの実用的な市場テストの実施など、イノベーションを加速するための様々な手段を講じるとのこと。アカデミアの科学・技術についての洞察力と、innovation partnersやstart-upsの起業家的な創造性という両方の観点で推進。外部連携は戦略であり、このR&Dアクセラレータと、R&D及びビジネスチームを連携させることで、オープンイノベーションを新たなレベルに押し上げることを期待。有資格チームは、shared labs, kitchens, bench-scaleおよびpilot-scale equipmentを含めて、NestleのR&D expertiseとinfrastructureにアクセスすることができるとのこと。第1号は、2019年末までにスタート。Nestlé’s global R&D networkの一環。nutrition, health and wellnesを含むNestleのstrategic focus areasが対象。現在6チームを編成。半分はNestle team、残りが外部か混成チーム。急速に変化する消費者の嗜好に応えるために、新しいイノベーションプラットフォームと社内インキュベーターを活用して製品開発をスピードアップする施策。healthy and nutritional foodに対する新たな取り組みとして、meatからplant-basedへの移行を図るなど(plant-based productを発売するとともに、畜肉製品などを主力とするHerta社を売却予定)、イノベーションと方向転換という点で際立っている感ありとのこと。魅力的な高成長分野に向けてポートフォリオ変換を積極的に実施。Bühler, Givaudan とNestléの3社 によるthe Future Food Initiative (FFI)も共同創設、plastic-free packagingや、飢餓、栄養失調および持続可能性に取り組む計画も進行中とのこと。

The accelerator is part of Nestlé’s global R&D network and located at the company’s fundamental research entity Nestlé Research, which employs around 800 people. It also includes several units of Nestlé’s R&D organization, leading academic institutions such as the Swiss Federal Institutes of Technology in Lausanne (EPFL) and Zurich (ETHZ) and the Swiss Hospitality Management School in Lausanne (EHL) as well as a wide range of innovation partners, suppliers and start-ups.

 

じっくり読むと、Nestleの最近の顕著な方向性変換等について、概観できる記事かと思います。nutrition, health and wellnesに関係する高付加価値や成長性のある領域に注力しようとしているが、これまでのようなやり方では革新的な展開ができないということで、様々な取り組みをされているように感じます。食や健康に対する関心の度合いや要求内容が急速に変化している中、最大手と言えども模索しているのかもしれません。