Givaudan : UC Berkeleyと共同で有望な植物タンパク質を評価・選定

2017年に開始したGivaudanとUC BerkeleyのPlant proteinsに関する研究の成果に関する記。

Givaudanが、食品業界、特に栄養飲料の分野でgame-changerとなるthe top six new up-and-coming plant-based proteinsを特定。UC BerkeleyのProduct Development Programmeとの共同で2017年に開始した研究プロジェクトの結果から、oats, mung beans, garbanzo beans, lentils, flax、sunflower seeds由来の6種タンパク質と選定。研究は、栄養飲料に適するalternative proteinsを選定するため、44種類のタンパク質飲料製品と42種類のユニークな植物タンパク質を用いてマッピングを開始。commercial viability, protein content, sustainability, allergenicity, flavor and color、nutritional factorsなどを評価項目としてプロファイリング。game-changerとなる可能性のある6種の植物タンパク質を選定。UC Berkeley研究のレポートは、6つのタンパク質源それぞれに関する詳細な情報を提供し、これらのタンパク質が供給、栄養価、使用を加速する要因、タンパク質抽出プロセス、コスト、環境影響などの多くの基準に対してどのように評価されるかを分析。動物タンパク質に比べて、タンパク質生産の土地および水の影響が少なく、Sustanabilityに大きく寄与と評価。将来的に世界中で高品質のタンパク質の摂取と栄養を可能にするのに重要な情報とのこと。また、6/20には、G社は、six plant-based proteins (soy, pea, faba, rice, oat, algae and whey)で発生するoff-notesの包括的なmasking solutionsも発表。alternative proteins を活用する際、functionality, texture, taste, nutrition and costのバランスを取るには、食品または飲料製品中のすべての成分の相互作用を完全に理解しなければならないとのこと(今回の結果の重要性を強調)。Vegan市場は、引き続き好調な成長。Just社のvegan mung bean-based “eggs”(Just Egg)、Parabel USAのwater lentilsから成る乳代替(特許出願済み ) など、世界中で急成長。乳代替は、米国牛乳総売上高の15%。今後数年間で2桁成長と予測。Global Plant Protein marketでは、2021年までCAGR8%で成長すると、$13.7 billion。57%の消費者が求めていて、2018年は売上高92%増を記録しているとのこと。

■ Parabel USA:https://parabel.com/

■ off-notesマスクに関する記事↓

 

Sastainabilityの観点から、植物タンパク質の活用が注目されている状況。少なくとも10種類以上のPlant proteinsに関する基礎特性と加工適性などに関する情報を蓄積したものと思われる。収穫量やタンパク質素材としての生産量なども含めて、情報開示されるにしたがって、世界的範囲で活用するのに最適な植物タンパク質資源が定まっていくことを期待する。

Givaudanと食品加工プロセス装置のBühler社が、Start-up支援で連携

Givaudanと、食品加工プロセス装置のBühler社が、破壊的な(「disruptive:破壊的な」が、innovativeより多く使われるようになってきたように感じます)技術・製品のスケールアップや商業化を目指すStart-upを支援するため、起業家をスイスの夫々のinnovation centresに迎い入れ、指導・支援する(mentor)ことで、パートナーシップを締結とのこと。

ここ数年、Givaudanは、MassChallengeやEIT Food Accelerator Networkを介してStart-upsとコラボしたり、コーチングしてきたことが背景。2050年100億人が食べて行くには、radical innovationなしにはできない。エコシステム全体のenergy, passion and skillsを活用する必要があり、Start-upsが重要な役割を果たすとの考えが根底にあるとのこと。GivaudanとBühlerは、MassChallengeの創設メンバーで、EIT Food Accelerator Networkのパートナーであり、スイスETHとEPFL (Ecole polytechnique féderale de Lausanne)、 Nestléとともに「Future Food – A Swiss Research Initiative (“Future Food Initiative”)」を立ち上げた仲間(基金$4m)。求めているのは、alternative proteins, sustainable animal feed, food safety, food fraud, authenticity, natural ingredients for food applications (colors, preservatives), flavors, nutrition (particularly fibre, sugar, fat and salt reduction), ingredients with proven health and nutrition benefits, and gentle processingの分野で技術開発しているStart-ups。Givaudanにとっては、collaborative innovation戦略の一環。新設したInnovation Centreは、優れたStart-upsに、Givaudanのtechnology, expertise and capabilities を活用するための完璧な環境を提供。Bühlerは、Givaudanの施設を補完するcollaboration spaces, laboratories and technology and scale-up facilitiesを備えたCUBICを開設しているとのこと。

■ Bühler:https://www.buhlergroup.com/global/en/home.htm
food processing technologies, including milling, grain, quality, hop optical sorting, data services, value nutrition (extrusion, aqua feed, pet food); consumer foods: coffee, biscuits, wafers, chocolate, cocoa, nuts; and advanced materials: including optics, coatings, die casting, lithium battery, optics (sensors, camera coatings)の専門性あり
⇒ CUBIC :https://www.foodnavigator.com/News/Food-Safety-Quality/Take-a-look-behind-the-scenes-of-Buehler-s-CUBIC-innovation-campus

■ Givaudan : alternative proteins; flavor creation and application; enabling sugar, salt and fat reduction and replacement, natural functional foods and H&W ingredients, regulatory and consumer insights and analytical and food science で支援.
⇒ Innovation Center :https://m.foodingredientsfirst.com/news/strong-innovation-culture-givaudan-opens-new-us120-million-flagship-innovation-center-in-zurich.html

■ MassChallenge:https://masschallenge.org/
Headquartered in the United States with locations in Boston, Israel, Mexico, Rhode Island, Switzerland, and Texas, MassChallenge strengthens the global innovation ecosystem by accelerating high-potential startups across all industries, from anywhere in the world for zero-equity taken.

■ EIT Food Accelerator Network:https://www.eitfood.eu/entrepreneurship/projects/eit-food-accelerator-network-fan-2019

(上記URLに接続不可であれば、下記URLで概要をご確認ください。)

https://eit.europa.eu/news-events/news/eit-food-accelerator-network-announces-second-cohort-agrifood-start-ups
The existing EIT FAN (Food Accelerator Network) programme will be expanded to 5 acceleration hubs based in UK, ES, CH, IL and DE thereby enabling greater business impact from European research and innovation.

 

食品関係のグローバル大手各社は、筋の良いStart-upsの囲い込み施策を展開している感じ。最終的に、実用化・製品化に至るには、実際にモノを作るための加工技術・装置の手当てが極めて重要。従って、食品加工プロセス装置の開発を専門とするBühlerの位置付けが大きくなると考える。Start-upsを支援するためのinnovation centresをスイスに置くこともポイントになるように思う。近隣に、ETHなど食品加工技術や分析・解析に優れた研究機関が多いことを活用できそうに感じる。どんなStart-upがステージアップしてくるか注目したい。

Givaudan社の“counter-intuitive” ingredients

Givaudanが、複雑なフルボディのフレーバーノートの要因となる分子を特定することで、風味を失うことなく砂糖を最大50%まで減らす“counter-intuitive” ingredientsを開発しているとのこと(’counter-intuitive’ approach:(経験則に基づかない発想で効果的な素材組合せを見つけ出す手法。Ex. 玉ねぎ成分を炭酸飲料に添加して、甘味を増強させる)。

Givaudanの新しい開発アプローチの論理が、アムステルダムのProeflokaal culinary schoolで、玉ねぎアイスクリームのキー成分の同定や50%減糖オレンジソーダやピーチヨーグルトドリンクを例にして披露されたとのこと。玉ねぎのように強い含硫香気を有するものの中のflavorを探索することは難しい。ノーズクリップをすれば、香気を切り離してtaste attributesに集中することが可とのこと。砂糖が甘さを超えてもたらポジティブな牽引役に焦点を当てることも可。そのようなアプローチ(’counter-intuitive’ approach)が、減糖で失われるbody や richnessの回復に役立つと考えている様子。数年前から‘holistic language’と呼ばれるsensory-profiling methodologyを開発。flavorsをどの位相互作用させ配合するか定量化することによって、全貌を描こうとする‘flavour-building’ approachを構築。シェフがキッチンでinteresting combinationsを作ると、それをGivaudanのflavouristsが関連成分を同定。既知の‘taste active’ moleculesをルーチン分析。それらを再構成して、元と一致すれば、the naturally occurring molecules that bring the taste(taste actives)を見つけたことになる。逆に、the culinary target と再構成物が一致しなければ、unknown taste-active moleculesが存在することになる。さらに分析を重ねて、new natural components to create flavour ingredientsに至る可能性もあるはず。“counter-intuitive” ingredientsを用いると、flavour pairingにエコーをもたらし、チョコレートやキャビアなどのような常識的でない組合せが得られる。このようなアプローチは、全体的な味の満足度に寄与するものを発見することを意味しているとのこと。holistic taste attributes – complexity and balanceを追求することになる。消費者は、lighter, more refreshing and less sweet taste experiencesを求めているので、Givaudanは、詳細は述べられていないが、前述アプローチで‘beyond sweetness’ ingredientsを開発している模様。

シェフの手腕(勘)X Food pairing X 分析 X molecular reconstitutionを、いろいろと絡ませて技術開発しているところが、Givaudanらしさのように感じます。複数のflavor成分から求めるflavorを再現させる再構成装置も開発していたと思います。F&Fのトップを走るGivaudanの技術力は魅力的に映ります。減糖・減塩・減脂しても、元と変わらないような味に感じてしまうようなflavor製剤が提供されるようになっていくのだろうと思われました。

■ Food pairing: The concept of flavour pairing matches up weird and wonderful combinations – pork liver and jasmine for instance – and there are ways for the food industry to cash in on this niche trend too.
IBMのWattsonを用いて、意外なFood pairingを見出そうとする試みを検討している会社もあるようです。

Symrise:ペットフードの天然栄養素材メーカーADF / IDF買収

Symriseが、ペットフードのa leading natural nutrition ingredient providerである米国ADF / IDF(American Dehydrated Foods/International Dehydrated Foods)をUS$900 millionで買収とのこと。

ADF/IDF と、Symrise Nutrition division となっているDianaの組合せで、all natural and sustainable solutionsに焦点をあてたa leading global player in meat and egg-based protein specialties になるとのこと。ADF / IDFは、clean label meat and egg-based taste and nutrition ingredientsのパイオニアにて、Symriseは、急成長しているペットフード事業の拡大と、food nutrition marketにおける地位拡大を目指しているとのこと。両社のpalatability knowledgeを補完し、栄養に関する専門性を高める計画。Dianaの買収の延長線上にある戦略的根拠。ペットフードにおいて、Dianaは、palatabilityのリーダーで、ADF/IDFは、meat and egg-based proteinsをベースとする栄養に注力している会社。おいしさと栄養の両方の能力は、ペットフードだけでなく、人間の食べ物にも活用可。the market dynamic towards naturalnessがこのような統合を促進。Symriseは、材料ベースを天然資源にシフトさせようとしており、現在、合成品が半分、その他は天然素材。natural solutionsをベースにした健康志向製品にシフトして行く様子で、supply chainのコントロールを図りたい模様。

 Symrise:2014年仏 Diana GroupをUS$1.8 billionで買収。pet food ingredientsに進出
 Givaudan:2018年Naturexを買収
 IFF: 2018年Frutaromを買収

上記のように、大手flavor players は、彼らの基盤である「香気」を超えて、the more holistic concept of tasteをターゲットとするべく、2019年にさらなる統合があるだろうとこの記事は予測。大手flavor players は、flavorings and fragrancesに注力することから、今は「栄養」も考慮したfood ingredientsの拡大に注力とのこと。

Dianaは、ペットフードに使用するフレーバーにおいて世界一の実績がありで、今回のADF/IDF 買収は、SymriseのDianaに関するPMIに基づいた規定路線の買収と思われる。F&F各社の味領域への拡大も、Natural素材を梃子にして加速しているように感じます。

■ ADF/IDF:
ADF/IDF (American Dehydrated Foods/International Dehydrated Foods) was founded in 1978 and is a specialized producer of sustainable meat and egg-based nutrition ingredients. Headquartered in Springfield, MO, the company is a partner of choice for clients in the pet food, food and nutrition industries, offering a wide range of natural and clean label product solutions. In pet food applications, the company has become a leading natural ingredient provider, offering taste and nutrition solutions as well as functional ingredients. With its highly recognized customer orientation, ADF/IDF has established a diverse client base consisting of many long-term, close relationships with global and regional pet food and food companies.

■  ADF (American Dehydrated Foods) : https://www.adf.com/

■ IDF (International Dehydrated Foods) : https://idf.com/