Nestlé も ‘cook from raw’ plant-based burgerを発売

Nestleが、2019年4月、Plant-based burger、“Garden Gourmet Incredible Burger”(調理前、調理中、調理後、それぞれの牛肉ハンバーガーの外観を模して製造されたハンバーガー。冷蔵or冷凍品)を欧州で発売、夏以降に米国発売(Sweet Earth brandの‘Awesome Burger’)を予定しているとのこと。(4/2付けの記事。このところ、大手食品メーカーもmeat alternativeに進出ということで、日本のメディアでも取り上げられいるので、思い出して記載しています。)

Garden Gourmet Incredible Burgerは、soy and wheat proteinとnatural plant extracts from beetroot, carrot, and bell pepperを用いて製造。flavour, texture とcooking experience(消費者の調理行為)で妥協せず、tasty, authentic plant-based food(おいしくて本格的な植物由来食品の意)開発にフォーカス。消費者は、タンパク質摂取と食事の環境負荷軽減を楽しみ、バランスをとるための様々な方法を求めており、このトレンドは継続すると見込んでいる様子。healthy and sustainable food accessible to everyone through our trusted brands.を提供して行くとのこと。

 

YouTubeで、本製品についてのインタビューと調理シーンの動画が4/2公開になっています下記URL)。

■ Nestle Plant-based burger/Interview (動画) (Nestle Global Category Lead Chilled & Frozen Foods, Andrea Zambelli氏)https://www.youtube.com/watch?v=hATGhiSUwTA

■ Nestle Plant-based burger/調理法 (動画) https://www.youtube.com/watch?v=lpSLP4GMtZc

 

Plant-based foodsがトレンド。特に、Impossible Foods社やBeyond Meat社が、火をつけたmeat alternativeが活発な動きをしている。Whole Foodsのフードコーナーには、Beyond Burgerがメニューにあり、その場で焼き上げ、芯温を測定して、提供してくれる。Impossible burgerがBurger Kingに供給され、Impossible Whopperという製品名で試売され、売れ行き好調で、全米展開になると聞く。Flexitarianで、植物性食品も多く食べ、植物タンパク質を用いた製品も摂取してきた日本人にとっては普通のことのようにも思えるのだが、これまで”肉”一辺倒に近かった欧米で、環境やSustainabilityに対する関心が高まっている現在、このPlant-based foodsnのトレンドは定着していくような感じがする。最近は、生のひき肉に対する植物タンパク質による肉代替ばかりでなくソーセージやハム類に拡大。さらにチーズやバターなど乳製品やマヨネーズや液卵などの卵製品などの代替製品へと守備範囲が広くなってきている模様。Plant-based foodsの発売記事が本当に多く散見される。精進料理を考えると頷けるかと思うが、大豆タンパク質や小麦タンパク質などを用いたこの分野の日本の技術は高かったが、欧米のPlant-based foodsトレンドを見ると、どんどん細部にわたり技術向上しているように思われる。産学連携での技術開発も盛んで、日本が段々と取り残されて行っている感がある。また、日本がまだ大豆や小麦タンパク質を中心にした製品開発をしているのに対して、欧米だと、アレルギーやGMOなどの問題で、大豆や小麦由来タンパク質が敬遠される傾向にあることから、新規なタンパク質源を用いた開発をしている。そのため、余計に日本と違った領域が築かれて行っているように感じる。このような流れを受けて、長年培ってきた、この分野での日本の食品加工技術はどのような展開をするのか楽しみに思う。

Nestlé社はドイツ・フランス中心に展開している食肉加工事業のHerta社の売却を模索しているとのことでも、Nestle社のPlant-based foodsにかける本気度を感じる。